三木笙子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三木 笙子(みき しょうこ、1975年 - )は、日本小説家推理作家秋田県生まれ。2008年、東京創元社主催の第2回ミステリーズ!新人賞最終候補作になった短編「点灯人」を改稿・連作化した短編集『人魚は空に還る』でデビューした(第2回の受賞者は高井忍)。

刊行リスト[編集]

帝都探偵絵図シリーズ
  • 人魚は空に還る(2008年8月 東京創元社〈ミステリ・フロンティア〉 / 2011年10月 創元推理文庫
    • 収録作:点灯人 / 真珠生成 / 人魚は空に還る / 怪盗ロータス
  • 世界記憶コンクール(2009年12月 東京創元社〈ミステリ・フロンティア〉 / 2012年5月 創元推理文庫)
    • 収録作:世界記憶コンクール / 氷のような女 / 黄金の日々 / 生人形の涙
  • 人形遣いの影盗み(2011年2月 東京創元社〈ミステリ・フロンティア〉)
    • 収録作:びいどろ池の月 / 恐怖の下宿屋 / 永遠の休暇 / 妙なる調べ奏でよ / 人形遣いの影盗み
その他
  • 金木犀二十四区(2012年8月 角川書店)
  • 竜の雨降る探偵社(2013年2月 PHP研究所)
関連書籍

外部リンク[編集]