三崎村 (石川県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三崎村
廃止日 1954年7月15日
廃止理由 新設合併
三崎村飯田町宝立町上戸村直村
若山村正院町蛸島村西海村 → 珠洲市
現在の自治体 珠洲市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
珠洲郡
総人口 6,072
(1953年)
隣接自治体 石川県:
珠洲郡西海村正院町蛸島村
三崎村役場
所在地 石川県珠洲郡三崎村字宇治
 表示 ウィキプロジェクト

三崎村(みさきむら)は、石川県珠洲郡に存在した

由来は、平安時代から見える地名「三崎」による。なお、この三崎の名はが転訛したものであるという[1]

地理[編集]

歴史[編集]

  • 平安時代 - 当地に「三崎」の地名が存在。
  • 江戸時代 - 当地に「三崎郷」の郷名が存在。
  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行により、以下の2村が成立。
    • 三崎村 - 森腰村、粟津村、寺家村、大屋村が合併。
    • 鉢崎村(はちさきむら) - 雲津村、竹沢村、小泊村、小泊新村、伏見村、高波村、引砂村、宇治村、本村、細屋村、杉山村が合併。
  • 1908年(明治41年)8月15日 - 三崎村、鉢崎村が合併し、三崎村が成立。
  • 1935年昭和10年)- 細屋から内方(ないほう)が分離、当村は16大字となる。
  • 1947年(昭和22年)- 本から二本松が分離、当村は17大字となる。村立三崎中学校、三崎公民館、三崎保育所がそれぞれ設立。
  • 1954年昭和29年)7月15日 - 、飯田町宝立町上戸村直村正院町蛸島村若山村西海村 と合併し、珠洲市成立。この内、竹沢は三崎町雲津へ、小泊新は三崎町小泊へ編入され消滅。あとの15大字は三崎町を冠した上で同市の町名に継承。

人口[編集]

世帯数 人口
1899(明治22年) 454 2,178
1920(大正9年) 802 4,248
1953(昭和28年) 1,056 6,072

交通[編集]

※いずれも現在の道路。

教育[編集]

中学校[編集]

  • 三崎村立三崎中学校

小学校[編集]

  • 三崎村立粟津小学校
  • 三崎村立本小学校
  • 三崎村立小泊小学校

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『角川日本地名大辞典・石川県』より。

関連項目[編集]