三好和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三好 和夫(みよし かずお、1914年 - 2004年11月9日)は、医学者医師。専門は神経筋疾患学・血液学[1]

東京都出身。東京大学医学部で血液学を研究した[2]

1954年3月、第五福竜丸操業中に被爆(ビキニ事件)した乗組員の診察と治療にあたった。その後、東大付属病院(現:東京大学医学部附属病院)と米軍医団共同の原子爆弾影響合同調査団に参加。1955年4月1日京都市で開かれた第14回日本医学会総会において、熊取敏之(国立東京第一病院)とともに「ビキニ放射能の臨床的、血液学的観察」と題して発表。「久保山愛吉さんの死因は単なる肝臓障害ではなく、死の灰によって致死量以上の放射線を受けたため」と、アメリカ合衆国側の見解に反論した[3]。また、ビキニ事件に遭った「ほかの船舶の乗組員の調査も必要だ」と主張していた[4]

徳島大学医学部附属病院に移り、1967年に常染色体劣性遠位型筋ジストロフィーについて報告した[5]。1980年より医学部長を務め、のち徳島大学名誉教授。1985年武田医学賞を受賞。2004年11月9日、肺炎のため死去。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三好和夫氏死去 徳島大名誉教授”. 『共同通信』 (2004年11月10日). 2015年2月5日閲覧。
  2. ^ 加藤周一『続 羊の歌―わが回想―』岩波新書、1968年
  3. ^ ヒロシマの記録1955 4月”. 『中国新聞』ヒロシマ平和メディアセンター. 2015年2月5日閲覧。
  4. ^ (ビキニ60年)亡き船医「おれの身体が証拠」”. 『朝日新聞』 (2014年2月28日). 2015年2月5日閲覧。
  5. ^ Miyoshi K, et al., Four cases of distal myopathy in two families. Jpn. J. Hum. Genet. 12: 113. (1967)