三女神 (ネオペイガニズム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三女神(さんめがみ、Triple Goddess)は、多くのネオペイガニズムの人々の主要な神。一般的な共通の認識では、三女神は三人の女性で表象され、それぞれ処女老婦人英語版であり、女性のライフサイクルと月相の両方を象徴している。それぞれが満月、満ちる過程にある月、掛けた月に照応しているという[1]。また、しばしば地上、地下世界、天を一人ずつが支配しているとされる。この女神は、三人でより大きな単一の神格であると認識される場合と、それぞれが独立した神格であると認識される場合とがある。ウイッカ二神論英語版によれば、三女神は男性の配偶神である有角神を持つ場合がある。

出典[編集]

  1. ^ ドリーン・ヴァリアンテ『魔女の聖典 Witchcraft for Tomorrow』(国書刊行会、1995年)p.32 ISBN 978-4-336-03666-7

関連項目[編集]