有角神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コーンウォールの伝統的な魔女術における有角神ブッカの像。ボスキャッスル英語版ウィッチクラフト博物館英語版

有角神(ゆうかくしん、Horned God)は、ウイッカにおける二つの主神の内の一つで、ネオペイガニズムの神の一つ。有角神は、神学的に神の男性の側面を表しており、女性である月の三女神または他の地母神王配である[1]。有角神は、いくつかの心理学理論で研究されており、ファンタジー文学で繰り返し登場する主題となっている[2]:872

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ from the library of the Order of Bards, Ovates & Druids”. Druidry.org. 2018年4月14日閲覧。
  2. ^ Clute, John The Encyclopedia of Fantasy Clute, John; Grant, John (1997). The Encyclopedia of Fantasy. Orbit. ISBN 1-85723-368-9