三国洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三国 洋子(みくに ようこ、1927年1月28日 - )は、日本の小説家

北海道庁立函館高等女学校卒業。1963年、「雨のあと」にて、第1回文化評論新人賞短編小説部門入選。1960年代から函館で文学運動を続け、リアリズム研究会から日本民主主義文学同盟に所属した。

著書[編集]

  • 『あの川を渡れ』(北書房、1971年)
  • 『いま、海は凪ぎ』(北書房、1978年)
  • 『雪が来る』(光和堂、1984年)

参考[編集]

  • 『雪が来る』(光和堂、1984年)
  • 『北海道文学大辞典』(北海道新聞社、1985年)