三光汽船 (尾道市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三光汽船株式会社
Sanko Kisen Co.,Ltd
Onomichi Sanko-Ferry Dai3Innnoshima.JPG
赤崎-金山航路の第三いんのしま丸
因島の金山港、後方は生口橋
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
722-2431
広島県尾道市因島洲江町1175-11
業種 海運業
法人番号 2240001038113
事業内容 旅客船運航
外部リンク http://www.sankohkisen.jp/
テンプレートを表示

三光汽船株式会社(さんこうきせん)は、広島県尾道市因島洲江町(生口島)に本社を置く、海運会社[1]

概要[編集]

洲江港(生口島) - 小漕港岩城島)航路、赤崎港(生口島) - 金山港因島)航路でフェリーを運航している。

東京都に本社がある同名の海運会社三光汽船は別法人であり、直接の関係はない。

航路[編集]

  • 洲江(生口島) - 小漕(岩城島)
小漕 発 6時30分から20時00分、洲江 発 6時40分から20時10分まで運航。所要時間約5分。
片道運賃は、大人145円、自動車は3mまで820円、11m超から12mまで2,750円。日帰りの場合は往復割引も利用可能。
2003年平成15年)6月3日、新造船「香川丸」が同航路に就航した[2]
  • 赤崎(生口島) - 金山(因島)
赤崎 発 6時50分から18時50分、金山 発 7時00分から19時00分まで運航。1月1日から1月3日までと日曜日は全便運休。
片道運賃は大人65円、普通・軽自動車200円。並行する生口橋(普通車350円、軽自動車300円)より安いことをセールスポイントにしている。
2009年(平成21年)6月2日、中国運輸局に日曜日を全便運休する運航計画変更申請書を提出した[3]。同年7月1日から日曜日は全便運休するようになった[2]

船舶[編集]

就航中の船舶[編集]

  • 第三いんのしま
1997年竣工、神原造船建造(第492番船)
98総トン、登録長21.47m、型幅10.50m、型深さ2.58m、ディーゼル1基、旅客定員96名
  • 香川丸
196総トン、航海速力8.5ノット、旅客定員164名
  • 夢運便(貸切船・予備船)
2016年竣工、神原造船建造(第752番船)
199総トン、旅客定員300名

過去の船舶[編集]

  • 第一いんのしま
1970年竣工、備南船舶工業建造、元・安芸津フェリー「第二やえしま」
197総トン、全長32.00m、型幅7.80m、型深さ2.80m、ディーゼル1基、機関出力700PS、航海速力11.0ノット、旅客定員100名、乗用車15台
  • 第二いんのしま
1971年竣工、2016年引退、神原造船建造(第177番船)、元・宮島松大観光船「第二いつくしま」
199総トン、全長33.80m、型幅10.00m、型深さ2.90m、ディーゼル1基、機関出力550PS、航海速力8.0ノット、旅客定員261名、大型車4台
  • 第三こふじ
1972年竣工、2000年6月30日引退、今村造船所建造(第178番船)
242総トン、全長41.00m、型幅8.20m、型深さ2.90m、ディーゼル1基、機関出力720PS、航海速力11.0ノット、旅客定員552名

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 旅客船事業者の概要”. 国土交通省中国運輸局. 2011年12月3日閲覧。
  2. ^ a b 三光汽船株式会社”. 三光汽船株式会社. 2011年12月3日閲覧。
  3. ^ 因島―生口の渡船は日曜運休”. 中国新聞 (2009年6月3日). 2009年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]