三井健生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三井 健生(みつい けんせい、1947年12月1日 - )は日本の芸能プロダクション三井エージェンシーの社長、音楽プロデューサー栃木県出身。作詞家水森英夫の実の兄である。

来歴[編集]

20歳で芸能プロダクションに入社しマネージャーとして三船和子、愛川みさ、東京ロマンチカ、中井あきら等を手掛ける。1975年レコード会社キャニオンレコード入社。宣伝部と制作部に配属、プロモーター、ディレクター、プロデューサーを歴任、ニューミュージック、ロック、アイドル、演歌等あらゆるアーティストに携わり独自のプロモーションを展開し次々にヒット曲を生み出した。 1995年20年間務めたポニーキャニオンを退社し三井エージェンシーを設立する。

ポニーキャニオン時代にスカウトした夏川りみを再び手がけ2001年に発売した「涙そうそう」は2002年に『第44回日本レコード大賞』で金賞を受賞し、『第53回NHK紅白歌合戦』にも同曲で初出場した。(~2007年まで所属)

所属歌手[編集]

外部リンク[編集]