万惣商事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
万惣商事株式会社
Manso Trading Co.,ltd.
Manso fruits sudacho 2009.JPG
万惣 神田本店
種類 株式会社
略称 万惣
本店所在地 日本の旗 日本
101-0041
東京都千代田区神田須田町1-16-1
設立 1846年弘化3年)
業種 小売業
事業内容 青果物の販売、飲食店の運営
支店舗数 1店舗
外部リンク http://www.manso-kanda.co.jp/
テンプレートを表示

万惣商事株式会社(まんそうしょうじ、: Manso Trading Co.,ltd.)は、東京都千代田区神田須田町に本店を置いていた小売業者。果物の販売を行い、喫茶店万惣フルーツパーラーでも知られた。

沿革[編集]

  • 1846年弘化3年)、神田青果市場に近い須田町で開業。当時は水菓子と呼ばれた果物を取り扱った。古典落語「千両蜜柑」のモデルになったのもこの店である。
  • 1905年(明治38年)、三菱財閥岩崎家で栽培されたマスクメロンを日本で初めて販売[1]
  • 1910年には、果物業界で初めて宮内庁御用達に認定された[2]
  • 1927年(昭和2年)には万惣フルーツパーラーをオープン。のちに新丸の内ビルディングにもフルーツパーラーを出店した。
  • 2011年、本店のビルが面する中央通りおよび靖国通りが「東京における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例」の指定道路となり[3]、ビルの耐震診断を行ったところ補強工事では基準を満たすことができず[4]、建て替える資金的な余裕もなかったため2012年3月24日をもって神田本店及び併設のフルーツパーラーを休業[5](事実上の閉店)。他の店舗も銀座の松坂屋の店舗が3月4日、新丸の内ビルの店舗が4月15日[6]を以て閉店し、全店舗の営業が終了した。

本店の閉店後、建物はしばらく放置されたのち解体。跡地には神田MSビルが建設され[7]ドーミーイン[8]セブンイレブン[9]が入居している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度41分43.7秒 東経139度46分14.3秒