神田青果市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神田青果市場発祥の碑

神田青果市場(かんだせいかいちば)は、かつて東京府東京市神田区須田町(現・東京都千代田区神田須田町)に存在した青物市場江戸時代から昭和時代初期にかけて270年間存続したが[1]、1928年(昭和3年)に現在の秋葉原UDXがある場所へと移転した[2]

沿革[編集]

神田市場
秋葉原に移転した頃の神田市場。昭和初期

神田の青物市場は慶長年間(1596年 - 1615年)に、鎌倉河岸の北側の湿地を埋め立て、市街地をつくり「菜市」を開いたことに始まる。多町、須田町付近は交通の中心地で、しかも八ツ小路などの広場や空地があり、当時の神田川平川など運河を利用した集荷の条件も備わっていた[3]

秋葉原移転前の神田青物市場は、多町を中心にあった。多町は江戸古町の一つで、神田には22の古町があり、多町はその三番目の町であった。もともとは「田町」の表記で、この辺りは低湿地帯だったため、を埋めてできた町と考えられる。慶長年間、田町一丁目(現在の多町二丁目)に江戸が成立した頃からの草創名主である河津五郎大夫が青物(野菜)市場を開いたのが始まりであった。1657年の明暦の大火後に、分散していた各所の青物市場が集約されて大きく発展し、江戸幕府の御用市場となった。特に、他の市場とは違い触元を申付けられ、触元の承諾なしに他の市場は初物の売り買いができなかった[4]。100年後の宝暦6年(1756年)には青物・果物問屋が152軒を数え、江戸期を通して最大規模に膨れ上がった。明治以降も市場はさらに発展し、明治34年(1901年)には青物・果物問屋240軒、乾物店37軒、荒物問屋23件、荷車屋47軒、食い物屋12軒を数えた。関東大震災後、帝都復興事業の一環として、昭和3年(1928年)に貨物駅のある秋葉原に移転した。

歴史[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 朝日新聞社会部『神田川』1982年.
  2. ^ 神田万世橋まち図鑑制作委員会『神田万世橋まち図鑑』フリックスタジオ、2014年、40頁
  3. ^ 『千代田区史跡散歩』学生社,1992年,p.203.
  4. ^ 千代田区区民文化部『千代田まち事典』2005年,p.77.
  5. ^ 千代田区区民文化部『千代田まち事典』2005年,p.77.
  6. ^ 千代田区区民文化部『千代田区史跡散歩』学生社,1992.p.205.
  7. ^ 『東京市青果市場年報.昭和7年度』東京市,1932年,p.1.
  8. ^ 『東京市青果市場年報.昭和7年度』東京市,1932年,p.1.
  9. ^ 『東京市青果市場年報.昭和7年度』東京市,1932年,p.1.
  10. ^ 朝日新聞社会部『神田川』新潮社,1986年,p.42.
  11. ^ 神田万世橋まち図鑑制作委員会『神田万世橋まち図鑑』フリックスタジオ,2014年,p.41.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]