ヴラジーミル・ネミロヴィチ=ダンチェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴラジーミル・イワーノヴィチ・ネミロヴィチ=ダンチェンコ
Vladimir Nemirovich Danchenko4.jpg
基本情報
生誕 (1858-12-23) 1858年12月23日
出身地 ロシアの旗 ロシアオズルゲティ
死没 (1943-04-25) 1943年4月25日(84歳没)
ジャンル 演劇
職業 演劇

ヴラジーミル・イワーノヴィチ・ネミロヴィチ=ダンチェンコロシア語: Владимир Иванович Немирович-Данченко, ラテン文字転写: Vladimir Ivanovich Nemirovich-Danchenko 1858年12月23日(ユリウス暦12月11日)- 1943年4月25日)は、オズルゲティ出身のロシア、ソビエト連邦の演劇人。劇作家兼演劇指導者。国民演劇の正統派とみなされていた。

経歴[編集]

1858年、オズルゲティでウクライナ-アルメニア系の家系の家に生まれる。父はコーカサスへ赴任していたロシア帝国陸軍士官であった。 チフリスギムナジウムで学び、1876年に銀メダルを得て卒業した。そしてモスクワ大学物理・数学学部に入学し、その後法律学部に移ったが、1879年に大学を退学した。 1877年に劇評を雑誌『ブディリニク』(Budilnik、目覚まし時計の意)、『アルティスト』、『ストゥレコーザ』(Strekoza、トンボの意)に発表し始めた。 1881年には最初の戯曲『野ばら』(Shipovnik)を書き、翌年ミハイロフスキー劇場で上演された。同年には処女小説『郵便駅にて』を発表した。 1891年から1901年にかけてモスクワ音楽愛好協会付属学校で教鞭を取る。1897年にモスクワ芸術座をスタニスラフスキーとともに創設した。両者の関係は、「文学的な拒否権はネミロヴィチ=ダンチェンコに、芸術的な拒否権はスタニスラフスキーに属する」(スタニスラフスキー自伝)というものであった。ゴーリキーに助言し『人生のどん底で』の題を『どん底На дне』の2語に短縮させた。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • スタニスラフスキー著『芸術におけるわが生涯』、岩波文庫、2008年

脚注[編集]