ヴォルフガング・ツェンカー (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴォルフガング・ツェンカー(Z9 Wolfgang Zenker)はドイツ海軍駆逐艦1934A型

艦歴[編集]

1935年3月22日起工。1936年3月27日進水。1938年7月2日就役。

バルト海第二次世界大戦開戦を迎える。1939年9月3日、ヴォルフガング・ツェンカーと駆逐艦レーベレヒト・マースの2隻はグダニスク湾でポーランドの機雷敷設艦グルィフ」 、ブルザ級駆逐艦ヴィヘル」 および沿岸砲台と交戦する。

1940年1月からはイギリス沿岸への機雷の敷設に従事する。

4月、ノルウェー侵攻作戦が開始され、ヴォルフガング・ツェンカーを含む10隻の駆逐艦はナルヴィクの攻略へと向かった。4月9日、部隊はナルヴィクのあるフィヨルドに進入し、ヴォルフガング・ツェンカーはエルヴェゴールに兵員を上陸させた。4月10日、ウォーバートン・リー大佐の率いるイギリスの駆逐艦5隻がナルヴィク港に停泊中の艦船に攻撃をかけ、第1次ナルヴィク海戦が発生した。ヘリヤンクスフィヨルドにいたヴォルフガング・ツェンカー、エーリッヒ・ギーゼエーリッヒ・ケルナーの3隻は退避中のイギリス駆逐艦と交戦した。11日、ヴォルフガング・ツェンカーは暗礁に触れて左舷のスクリューを損傷した。4月13日、イギリス艦隊が再びフィヨルドに進入し第2次ナルヴィク海戦が発生、ヴォルフガング・ツェンカーを含む8隻のドイツ駆逐艦すべてが失われた。