ヴェイネル・レオー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴェイネル・レオー
Leo weiner.jpg
基本情報
生誕 (1885-04-16) 1885年4月16日
出身地  ハンガリー
死没 (1960-09-13) 1960年9月13日(75歳没)
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にレオー・ヴェイネルと表記することもあります。

ヴェイネル・レオーWeiner Leó [ˈvɛjner ˌleoː], 1885年4月16日 ブダペスト - 1960年9月13日 ブダペスト)はハンガリー出身の作曲家ユダヤ系

1901年から1906年までブダペスト音楽アカデミーにてハンス・ケスラーに師事。その後は歌劇場のコレペティトールを務めた後、1908年よりブダペスト音楽高等学校で作曲ならびに室内楽の教授に就任。著名な門人にアンタル・ドラティアンダ・ゲーザクルターグ・ジェルジュらがいる。管弦楽のための5つのディヴェルティメント交響詩、2つのヴァイオリン協奏曲ピアノ協奏曲やピアノ小品などがある。音楽教育に関する著作も残した。トランシルヴァニア民俗音楽やフランス印象主義音楽の影響を受けながらも、簡潔な構成と旋律的・和声的な魅力を失わず、独自の新鮮な作風をとる。