ヴィルヘルム・タウベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィルヘルム・タウベルト
Wilhelm Taubert
Eduard Magnus Bildnis Wilhelm Taubert.jpg
基本情報
生誕 1811年3月23日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ベルリン
死没 (1891-01-07) 1891年1月7日(満79歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国 ベルリン
ジャンル クラシック
職業 ピアニスト作曲家指揮者

カール・ゴットフリート・ヴィルヘルム・タウベルトCarl Gottfried Wilhelm Taubert 1811年3月23日 - 1891年1月7日は、ドイツピアニスト作曲家指揮者

生涯[編集]

タウベルトはルートヴィヒ・ベルガーピアノを、ベルンハルト・クラインに作曲を師事した。彼は1831年にベルリンの宮廷演奏会の副指揮者、伴奏者となった。1845年から1848年にはベルリン国立歌劇場音楽監督、また1845年から1865年の間はベルリンの宮廷指揮者も務めた。1865年からはベルリンの芸術アカデミー[注 1]で教鞭を執り、テオドール・クラクなどを教えた。

タウベルトの作品には6つのオペラ付随音楽、4つの交響曲、ピアノやチェロのための協奏曲、4つの弦楽四重奏曲、他の管弦楽曲、合唱曲、ピアノ曲、300を超える歌曲がある。彼の初期作品は、やはりベルガーに師事していたフェリックス・メンデルスゾーンによって称賛されている。

彼の墓地はハレシェス・トア駅[注 2]の南にあるイェルサレム教会[注 3]とドイツ教会[注 4]の第1墓地にプロテスタントの様式で残されている。

オペラ[編集]

  • Die Kirmes, komische Oper, libretto by Eduard Devrient, 23 January 1832, Berlin, Königliches Theater
  • Die Zigeuner, libretto by Eduard Devrient, 14 September 1834, Berlin, Königliches Theater
  • Marquis und Dieb, komische Oper, libretto by L Schneider, 15 February 1842, Berlin, Königliches Theater
  • Joggeli, libretto by H Kloster, 9 October 1953, Berlin, Königliches Theater
  • Macbeth, libretto by F H Eggers, 16 November 1857, Berlin, Königliches Theater
  • Caesario, oder Was ihr wollt, komische Oper, libretto by E Taubert, 13 November 1874, Berlin, Königliches Theater

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 訳注:1696年設立、今日ではベルリン芸術大学へと発展を遂げている。(Akademie der Künste
  2. ^ 訳注:ベルリン地下鉄の駅。(Hallesches Tor
  3. ^ 訳注:ベルリン、フリードリヒスハイン=クロイツベルク区の教会。様々な宗派に改宗されてきだが、1945年アメリカ陸軍航空軍の空爆で破壊された。(Jerusalem Church
  4. ^ 訳注:1708年完成、ベルリンの教会。イェルサレム教会の集会教区に属していた。(Deutscher Dom

参考文献[編集]

外部リンク[編集]