ヴィルヌーヴ=ルベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Villeneuve-Loubet
Blason ville fr Villeneuve-Loubet (Alpes-Maritimes).svg
Villeneuve village.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏Flag of Provence-Alpes-Cote dAzur.svg
(département) アルプ=マリティーム県Arms of Nice.svg
(arrondissement) グラース郡
小郡 (canton) グラース=シュル=メール=ウエスト小郡
INSEEコード 06161
郵便番号 06270
市長任期 リオネル・リュカ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération de Sophia Antipolis
人口動態
人口 14 995人
2011年
人口密度 765人/km2
住民の呼称 Villeneuvois
地理
座標 北緯43度39分32秒 東経7度07分20秒 / 北緯43.6588888889度 東経7.12222222222度 / 43.6588888889; 7.12222222222座標: 北緯43度39分32秒 東経7度07分20秒 / 北緯43.6588888889度 東経7.12222222222度 / 43.6588888889; 7.12222222222
標高 平均:20m
最低:0 m
最高:213 m
面積 19.60km2
Villeneuve-Loubetの位置(フランス内)
Villeneuve-Loubet
Villeneuve-Loubet
公式サイト villeneuveloubet.fr
テンプレートを表示

ヴィルヌーヴ=ルベVilleneuve-Loubetプロヴァンサル語:Vilanòva Lobet)は、フランスプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏アルプ=マリティーム県コミューン

地理[編集]

カーニュ=シュル=メールアンティーブの間、ルー川の河口に位置する。このコミューンはかつての2つの村から成り立っている。内陸側はヴィルヌーヴという古い村であり、ルベ村は地中海に面している。モナコカンヌの中間に位置しており、サン=ポール=ド=ヴァンスグラース地域に向けて開けている。

ヴィルヌーヴ=ルベは、訪問客用に約4kmの海岸線を用意している。海水浴場は、コート・ダジュールに滞在するための基本的な選択である。様々な活動やアルプ=マリティームの観光地とのアクセスが良いからである。

歴史[編集]

コミューン内に残る最も古い居住地の痕跡は、先史時代にさかのぼり、数箇所に点在している。しかし最も重要な居住地跡は、鉄器時代そしてローマ時代にさかのぼるものである。

11世紀からルベは存在しており、防衛機能のある居住地となり、12世紀には教会を持っていた。12世紀初頭から警備隊がこの地にあり、12世紀中には2つの教会がある防衛機能を持つ居住地となっていた。村は13世紀初頭に破壊されてしまったが、その地にマドーヌの塔が建設された(14世紀後半に塔は失われた)。ヴィルヌーヴは1234年頃、カタルーニャの家系であり、プロヴァンス東部で勢力を結合しようとしていたバルセロナ家プロヴァンス伯に仕えるロメ・ド・ヴィルヌーヴによってつくられた。彼は、現在のヴィルヌーヴ=ルベの城がある場所に城を建設した。村と教会が14世紀初頭にあったことが証明されている[1]

経済[編集]

リゾート地であるとともに、ソフィア・アンティポリスの一部であるため、多くのサービス産業がコミューン内にある。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
2769 3865 6001 8083 11 539 12 935 14 104 14 995

参照元:1999年までEHESS/Cassini[2]、2004年以降INSEE[3][4]

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]