ヴァシーリイ・アルヒーポフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァシーリイ・アルヒーポフ
Василий Александрович Архипов
(Vasili Alexandrovich Arkhipov)
02-arkhipov-young.ngsversion.1495227880056.adapt.1900.1.jpg
生誕 1926年1月30日
Flag of Ukrainian People's Republic of the Soviets.svg ウクライナ・ソビエト共和国ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ州Zvorkovo
死没 1998年8月19日
ロシアの旗 ロシアモスクワ州ジェレズノドロジュニ
所属組織  ソビエト連邦海軍
軍歴 1945年 - 1985年
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

ヴァシーリイ・アルヒーポフ英語: Vasili Alexandrovich Arkhipov, ロシア語: Василий Александрович Архипов, 1926年1月30日 – 1998年8月19日)は、ソ連海軍の軍人。キューバ危機の際、アメリカ海軍への核魚雷の発射を防いだ。当時、核魚雷の発射には乗艦する三人の士官の承認が必要だったが、小艦隊司令および副艦長であったアルヒーポフだけがその承認を拒否した。この事実は、2002年に初めて公になった。

生い立ち[編集]

アルヒーポフは、モスクワ近くの農家に生まれた。太平洋高等海軍学校ロシア語版で教育を受けた。1945年、ソ連対日参戦に従軍し、掃海艇に乗艦した。その後、カスピ高等海軍学校ロシア語版に転籍し、1947年に卒業した[1]

経歴[編集]

1947年から、アルヒーポフは黒海艦隊、北方艦隊、バルト艦隊で潜水艦隊に乗艦した[1]

K-19[編集]

1961年7月4日、原子力潜水艦K-19の副艦長として、同艦の原子炉の冷却水漏れ事故に遭う。

キューバ危機[編集]

カリブ海、キューバ沖を航行中のソビエト海軍B-59潜水艦[2]

1962年10月27日、キューバ危機の最中、アメリカ海軍の空母ランドルフおよび駆逐艦11隻からなる艦隊が、キューバ近海でソ連のフォックストロット型潜水艦B-59を捕捉した。同艦には核が搭載され、アルヒーポフは中佐として乗艦していた。公海であるにも関わらず、米艦隊は演習用爆雷を投下、爆発による信号を送ってB-59の強制浮上を試みた。B-59は数日の間、モスクワと通信が出来なかったため、アメリカの民間ラジオ電波を傍受して情報収集していた。しかし、爆雷から逃れるため、深度を下げて航行したため、ラジオ電波の受信が困難になった。情報が遮断されたため、米ソが開戦したのか否かを知ることが、B-59乗員には不可能となった[3][4]。B-59艦長バレンティン・サビツスキーは、すでに両国が開戦したと判断し、核魚雷の発射を企図した[5]

他の潜水艦と異なり、B-59の核魚雷の発射には、乗艦していた三人の士官(艦長サビツスキー、政治将校イワン・マスレニコフ、副艦長アルヒーポフ)の全会一致の承認が必要であった。通常、特殊兵器を搭載したソ連潜水艦において、その艦長は政治将校の許可さえあれば、核魚雷の発射が可能であった。しかし、アルヒーポフはB-59では副艦長に過ぎなかったが、彼はB-4、B-36、B-130等の潜水艦小艦隊の司令でもあり、階級は艦長と同じであった。そのため、艦長は彼の承認も得なければならなかった。三人の間で口論が始まり、アルヒーポフだけが発射を拒否した[6]。作家エドワード・ウィルソンによれば、前年のK-19の事故の際の、アルヒーポフの勇敢な行動と名声が、彼の主張に有利に働いたとしている[5]。結局、アルヒーポフは艦長を説得し、浮上してモスクワからの指令を待った[7]。B-59のバッテリ残量はごく僅かで、空調も故障していたため、米艦隊の中央に浮上せざるを得なかった。その後、帰投した[8]

余波[編集]

2002年、キューバ危機についての会議が行われ、当時の米国防長官ロバート・マクナマラは、「当時の我々の認識以上に、我々は核戦争に近づいていた」と語った[9]

2002年、作家アレクサンドル・モズゴヴォイの書籍 Kubinskaya Samba Kvarteta Fokstrotov (Cuban Samba of the Foxtrot Quartet)の中で、退役した元司令ヴァディム・アルロヴァは、当時のことを「サビツスキー艦長はカッとなっていたが、最終的には落ち着きを取り戻した」と語った[10]

晩年[編集]

その後も、アルヒーポフはソビエト海軍で潜水艦に乗艦し、後に潜水艦戦隊司令となった。1975年に少将に昇進、キーロフ海軍大学の学長になった。1981年に中将に昇進。1980年代に退役した。

その後はクパヴナ(2004年、ジェレズノドロジュニに編入)に住み、1998年8月19日に死去[1]。1961年のK-19の事故の際の被爆が、その死に影響したとされる[5][11]

事故当時のK-19の艦長ニコライ・ザテエフは、アルヒーポフの死から9日後、1998年8月28日に死去。二人はともに72歳だった。

関連[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Roberts, Priscilla Mary (2012). “Arkhipov, Vasili Alexandrovich”. Cuban Missile Crisis: The Essential Reference Guide. Abc-Clio Inc. pp. 13–14. ISBN 9781610690652. http://books.google.com/books?id=P-VNltHyq0sC&lpg=PA13&pg=PA13#v=onepage&q&f=false 2012年5月11日閲覧。. 
  2. ^ Burr and, William; Blanton, Thomas S., eds (31 October 2002). The submarines of October- U.S. and Soviet Naval Encounters During the Cuban Missile Crisis. National Security Archive Electronic Briefing Book. No. 75. オリジナルの2012年5月11日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/67Zh0rqhC?url=http://www.gwu.edu/~nsarchiv/NSAEBB/NSAEBB75/#IV. 
  3. ^ Michael Dobbs, One Minute to Midnight, Vintage, Random House, 2009. Includes photograph of B-59 surfacing.
  4. ^ Chronology of Submarine Contact During the Cuban Missile Crisis”. National Security Archive of the George Washington University. 2010年11月15日閲覧。
  5. ^ a b c Edward Wilson (2012年10月27日). “Thank you Vasili Arkhipov, the man who stopped nuclear war”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2012/oct/27/vasili-arkhipov-stopped-nuclear-war 2012年10月31日閲覧。 
  6. ^ Noam Chomsky (2004). Hegemony or Survival: America's Quest for Global Dominance. New York: Henry Holt. p. 74. ISBN 0-8050-7688-3. http://books.google.com/books?id=Xx3ptbzQ8L4C&pg=PA74. 
  7. ^ Blanton, Thomas S. (2002年10月16日). The Cuban Missile Crisis: 40 Years Later. インタビュアー:The Washington Post; Forum users. オリジナルの2008年8月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080830221337/http://discuss.washingtonpost.com/zforum/02/sp_world_blanton101602.htm 2010年11月15日閲覧。 
  8. ^ Watson, Leon, & Duell, Mark (2012年9月25日). “The Man Who Saved the World”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/news/article-2208342/Soviet-submariner-single-handedly-averted-WWIII-height-Cuban-Missile-Crisis.html 2012年10月12日閲覧。 
  9. ^ 'I don't think anybody thought much about whether Agent Orange was against the rules of war'”. The Guardian (2002年5月19日). 2012年6月22日閲覧。
  10. ^ Isachsnkov, Vladimir (2002年6月21日). “Russian Book Looks at Missile Crisis”. johnson. 2011年5月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月3日閲覧。
  11. ^ "The Man Who Saved the World". Secrets of the Dead.

外部リンク[編集]