ジェレズノドロジュニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジェレズノドロジュニの市章

ジェレズノドロジュニロシア語: Железнодорожный)は、ロシアの町。人口131,729人(2010年)。人口推移は 103,931 (2002年調査);[1] 97,426 (1989年調査).[2]となっている。メシュチョラ低地の西の縁に位置する。

ジェレズノドロジュニ駅

モスクワ州に属し、モスクワの21km東に位置する。ジェレズノドロジュニにあるオビラロフカ駅は1861年にモスクワ=ニジニ・ノヴゴロド間の鉄道の駅として開設され、レフ・トルストイの「アンナ・カレーニナ」で主人公が死んだ場所となったことから有名になった。1939年にはオビラロフカほかの集落が合併して都市型集落となり、ジェレズノドロジュニ(鉄道開発の町)に改称され、1951年には市に昇格した。1960年代にはクチノ(Кучино)、サヴィノ(Саввино)、テムニコヴォ(Темниково)、およびセルゲイェフカ(Сергеевка)の4つの地区がジェレズノドロジュニに編入された。このうち、クチノには1925年から1931年にかけてロシアの詩人であるアンドレイ・ベールイが住んでいた。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Russian Federal State Statistics Service (2004年5月21日). “Численность населения России, субъектов Российской Федерации в составе федеральных округов, районов, городских поселений, сельских населённых пунктов – районных центров и сельских населённых пунктов с населением 3 тысячи и более человек Page white excel.png (XLS)” [Population of Russia, Its Federal Districts, Federal Subjects, Districts, Urban Localities, Rural Localities—Administrative Centers, and Rural Localities with Population of Over 3,000] (Russian). Всероссийская перепись населения 2002 года [All-Russia Population Census of 2002]. 2014年8月9日閲覧。
  2. ^ Demoscope Weekly (1989年). “Всесоюзная перепись населения 1989 г. Численность наличного населения союзных и автономных республик, автономных областей и округов, краёв, областей, районов, городских поселений и сёл-райцентров” [All Union Population Census of 1989: Present Population of Union and Autonomous Republics, Autonomous Oblasts and Okrugs, Krais, Oblasts, Districts, Urban Settlements, and Villages Serving as District Administrative Centers] (Russian). Всесоюзная перепись населения 1989 года [All-Union Population Census of 1989]. Институт демографии Национального исследовательского университета: Высшая школа экономики [Institute of Demography at the National Research University: Higher School of Economics]. 2014年8月9日閲覧。