ヴァイオリン協奏曲第7番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァイオリン協奏曲第7番ニ長調K.271a(271i))は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの作とされていたが、現在では新モーツァルト全集において疑作扱いされている楽曲。1907年に始めて出版された。

自筆譜はフランソワ・アントワーヌ・アブネックが所有していたが、現在紛失している(フランスとドイツにそれぞれ筆写譜が現存する)。その楽譜には、1777年7月16日ザルツブルクで作曲したというイタリア語での書き込みがあったという。しかし、ソロ・パートの重音技法や管弦楽法、各楽章の形式など、当時のモーツァルトの様式にそぐわない点が指摘されるなど、モーツァルト作ではないか、少なくとも他人による加筆があることは間違いないとされる。

現在では、演奏の機会は極めて少ない。ユーディ・メニューイン及びジャン=ジャック・カントロフの録音が知られる。

編成[編集]

独奏ヴァイオリン、オーボエ2、ホルン2、弦5部。

構成[編集]

  • 第1楽章 Allegro maestoso、ニ長調、4分の4拍子。
    協奏風ソナタ形式。
  • 第2楽章 Andante、ト長調、4分の3拍子。
    ソナタ形式。
  • 第3楽章 Rondo:Allegro、ニ長調、4分の2拍子。
    ロンド形式。

外部リンク[編集]

演奏[編集]

ユーディ・メニューイン独奏、ジョルジェ・エネスク指揮、パリ交響楽団1932年6月録音)。カデンツァ:ジェルジェ・エネスク