ワイルド・チェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワイルド・チェリー
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州
ジャンル ソウルファンク
活動期間 1972年-1980年
レーベル エピック・レコード
メンバー
ボブ・パリッシ
ブライアン・バセット
アレン・ウェンツ
ロン・ベイトル

ワイルド・チェリーWild Cherry)とは、アメリカ合衆国の白人ソウル/ファンクバンド。1970年代に活動し、「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」の大ヒットで有名。

来歴[編集]

中心人物のボブ・パリッシは、1960年代からプロのミュージシャンとして活動し、1970年頃に故郷オハイオ州でワイルド・チェリーを結成。1972年、シングル「Show Me Your Badge」でデビューするが、全くの不発に終わる。

1976年、Sweet Cityというレーベルと契約。同社はエピック・レコードが配給を担当しており、実質的にはメジャー・デビューであった。そして、再デビュー曲「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」が全米1位・全英7位のヒット。この曲はスタンダード・ナンバーとなり、後にヒップホップ畑のヴァニラ・アイスや、ハードロック畑のサンダーがカバーしている。日本では、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』内のコーナー「ダンス甲子園」でも使用された。DANCE☆MANにより、よくある名字「斉藤」としてカバーされている。

3作目『アイ・ラヴ・マイ・ミュージック』発表後、大幅なメンバー・チェンジが起こり、バンドは失速。また、Sweet Cityが倒産したこともあって、バンドは1980年に解散。

メンバー[編集]

  • 第一期 - ボブ・パリッシ(ボーカルギター)、ブライアン・バセット(ギター)、アレン・ウェンツ(ベースキーボード)、ロン・ベイトル(ドラム
  • 第二期 - ボブ・パリッシ(ボーカル、ギター)、ブライアン・バセット(ギター)、アレン・ウェンツ(ベース、キーボード)、ロン・ベイトル(ドラム)、マーク・アヴゼク(キーボード)
  • 第三期 - ボブ・パリッシ(ボーカル、ギター)、ブライアン・バセット(ギター)、アレン・ウェンツ(ベース、キーボード)、ロン・ベイトル(ドラム)、マーク・アヴゼク(キーボード)、ウィリアム・クーギー・ストダート(ギター、パーカッション
  • 第四期 - ボブ・パリッシ(ボーカル、ギター)、ドン・イーレイス(ギター)、クック・ミハルシック(ベース)、ロン・ベイトル(ドラム)、マーク・アヴゼク(キーボード)

ディスコグラフィー[編集]

  • Wild Cherry(1976年)
  • Electrified Funk(1977年)
  • I Love My Music(1978年)
  • Only The Wild Survive(1979年)