ワイルド・チェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワイルド・チェリー
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州
ジャンル ブルー・アイド・ソウル、ディスコ、ファンク、ハードロック
活動期間 1972年-1980年
レーベル エピック・レコード
メンバー ロブ・パリッシ
ブライアン・バセット
アレン・ウェンツ
ロン・ベイトル

ワイルド・チェリーWild Cherry)とは、アメリカ合衆国の白人ブルー・アイド・ソウル/ディスコ・バンド。1970年代に活動し、「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」の大ヒットで有名。

来歴[編集]

中心人物のロブ・パリッシは、1960年代からプロのミュージシャンとして活動し、1970年頃に故郷オハイオ州でワイルド・チェリーを結成。1972年デビューしたが、全くの不発に終わった。

1976年、Sweet Cityというレーベルと契約。同社はエピック・レコード[1]が配給を担当しており、実質的にはメジャー・デビューであった。そして、再デビュー曲「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」が全米1位・全英7位のヒット[2]。この曲は後にハードロックサンダーがカバーしている。日本ではDANCE☆MANによって、”よくある名字「斉藤」”としてカバーされている。バンドは、フォガット、モリー・ハチェットらと共演している。

3作目『アイ・ラヴ・マイ・ミュージック』発表後、大幅なメンバー・チェンジが起こり、バンドは失速。また、Sweet Cityが倒産したこともあって、バンドは1980年に解散した。

メンバー[編集]

  • 第一期 - ロブ・パリッシ(ボーカルギター)、ブライアン・バセット(ギター)、アレン・ウェンツ(ベースキーボード)、ロン・ベイトル(ドラム
  • 第二期 - ロブ・パリッシ(ボーカル、ギター)、ブライアン・バセット(ギター)、アレン・ウェンツ(ベース、キーボード)、ロン・ベイトル(ドラム)、マーク・アヴゼク(キーボード)
  • 第三期 - ロブ・パリッシ(ボーカル、ギター)、ブライアン・バセット(ギター)、アレン・ウェンツ(ベース、キーボード)、ロン・ベイトル(ドラム)、マーク・アヴゼク(キーボード)、ウィリアム・クーギー・ストダート(ギター、パーカッション
  • 第四期 - ロブ・パリッシ(ボーカル、ギター)、ドン・イーレイス(ギター)、クック・ミハルシック(ベース)、ロン・ベイトル(ドラム)、マーク・アヴゼク(キーボード)

ディスコグラフィ[編集]

  • Wild Cherry(1976年)
  • Electrified Funk(1977年)
  • I Love My Music(1978年)
  • Only The Wild Survive(1979年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スライ&ファミリー・ストーンらが在籍。CBS系の大手レーベル
  2. ^ “The Hot 100”. Billboard. (September 18, 1976). http://www.billboard.com/charts/hot-100/1976-09-18 2021年1月8日閲覧。.