ローマ内戦 (238年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローマ帝国属州

ローマ内戦 (238年)では、238年に起きたローマ帝国内戦について記す。この年、6人のローマ人が皇帝として登位したため、六皇帝の年とも称される。

経緯[編集]

ゴルディアヌス父子の擁立[編集]

235年からローマ皇帝の地位にあったマクシミヌス・トラクスは北方のゲルマニア人の侵入を撃退し一定の成果を挙げたものの、その治世は強圧的なものであり、元老院との対決姿勢を崩さなかった。

238年アフリカ属州総督であったゴルディアヌス1世は息子・ゴルディアヌス2世と共にマクシミヌスに反乱を起した。ゴルディヌス父子への皇帝推挙の声があったことや、マクシミヌスに嫌悪感を示していた元老院からゴルディアヌス1世が「アウグストゥス」(皇帝)の称号を受けたことから、3月22日ゴルディアヌス1世は皇帝となり、ゴルディアヌス2世を共同皇帝に指名した。マクシミヌスが不人気であったため、属州の多くはゴルディアヌス父子を支持したという。

しかし、マクシミヌスを支持するヌミディア属州総督カペリアヌス (Capelianus) はゴルディアヌス父子を討つためにアフリカ属州の州都カルタゴへ侵攻し、4月12日にゴルディアヌス2世は戦死、ゴルディアヌス1世は自殺した。ゴルディアヌス父子の在位期間はわずか20日間であった。

マクシミヌス横死[編集]

一方、マクシミヌスは自身の軍隊と共にローマに進撃した。元老院はゴルディアヌス父子の死を受けて、代わりの皇帝を擁立して、マクシミヌスに対抗する必要に迫られた。4月22日、元老院議員であったマルクス・クロディウス・プピエヌス・マクシムスデキムス・カエリウス・カルウィヌス・バルビヌスを共同皇帝として擁立したものの、ローマ市民からの人気が低かったことから、その後継者としてゴルディアヌス1世の孫でゴルディアヌス2世の甥であったマルクス・アントニウス・ゴルディアヌス(のちのゴルディアヌス3世)を副帝とした。

体制が整ったところでプピエヌス・マクシムスは軍を率いて北上、バルビヌスはローマの守備に当った。一方マクシミヌスは北イタリアまで侵入しアクイレイアの攻略に取り掛かったが、補給が困難となったことや元老院の強硬な抵抗により先行きに不透明感があったことから、包囲が長引くにつれ軍中に不満・疑問が沸き上がり始めた。

5月10日、マクシミヌスの近衛隊(プラエトリアニ)が反乱をおこし、マクシミヌスは息子ガイウス・ユリウス・ウェルス・マクシムスや側近たちと共に軍中で暗殺され、マクシミヌス軍はプピエヌス・マクシムスに降伏した。なお、マクシミヌスの遺体はローマ市に送られた後にティベリス川へ投げ込まれた。

プピエヌス・マクシムスとバルビヌスの殺害[編集]

マクシミヌスが舞台から消え、プピエヌス・マクシムスはローマに戻ったもの、ローマの混乱は収まる気配を見せず、また当初よりプピエヌス・マクシムスとバルビヌスは不仲であり、片方がもう片方からの暗殺を恐れ、企画したペルシア(サーサーン朝)への遠征を巡って口論も絶えなかったという。

7月29日、近衛隊(プラエトリアニ)はこれに介入してプピエヌス・マクシムスとバルビヌスを捕らえて共に殺害した(拷問にかけ、街中を見せしめのために引き回した後に殺害したという)。同日中に、ゴルディアヌス3世が唯一の皇帝であると宣言された。プピエヌス・マクシムスとバルビヌスの在位期間は99日間であった。

後日談[編集]

なお、最後の六皇帝となったゴルディアヌス3世も6年後の244年に19歳で死去した(当時、近衛隊長官〈プラエフェクトゥス・プラエトリオ〉であったピリップス・アラブスが暗殺に関与したともされる)。

ゴルディアヌス3世の死以降、軍人出身の皇帝が乱立する時代(後世、軍人皇帝時代と呼ばれる)が続き、251年アブリットゥスの戦いデキウス帝(ゴルディアヌス3世暗殺に関与したとされるピリップス・アラブスを戦死させ、皇帝位を奪っていた)が戦死し、260年エデッサの戦いでは当時のローマ皇帝の1人ウァレリアヌスが隣国で宿敵でもあるサーサーン朝シャープール1世の捕虜となるという未曾有の混乱期を迎える。一方でその混乱期の中でもクラウディウス・ゴティクス270年に病死)、アウレリアヌス275年に暗殺)、プロブス282年に暗殺)の3人に皇帝が外征面で実績を残すなど防戦一方に終始していた訳ではなく攻勢にも出たことで帝国は辛うじて持ち堪え、ゴルディアヌス3世の死から40年後のディオクレティアヌスの登場(284年に即位し、翌285年に対立皇帝カリヌスを破り、単独皇帝となる)でこの乱立時代はようやく終結を見ることになる。

混乱を収拾したディオクレティアヌスはローマ帝国の統治方法としてテトラルキア(四分統治)を採用。しかし、ディオクレティアヌス個人によって保たれていたこの制度は彼の引退後、急速に揺らぎ始め、やがてリキニウスを撃破したコンスタンティヌス1世が単独統治を始めたことで完全に崩壊した。ただし、分割統治の概念自体はコンスタンティヌス1世以後の皇帝達によって継承された。しかし、結果的にこの概念が帝国を東西分離、東西対立、東西競争へと導き、3世紀には撃退していた蛮族に対して劣勢となり、476年オドアケルによるロムルス・アウグストゥルスの退位(15歳の少年であった為、殺害は免れた)を持って西ローマ皇帝位の廃止され、4年後の480年ユリウス・ネポス(ロムルス・アウグストゥルスにより西ローマ皇帝位を簒奪され、ラヴェンナから他の属州に逃亡していた)の暗殺によって、地中海西部は蛮族が割拠する時代に入る。

後に530年代から550年代にかけて、東ローマ帝国ユスティニアヌス1世が地中海西部の再征服活動を行い、一時的に地中海世界を統一するものの、サーサーン朝、ランゴバルド王国フランク王国西ゴート王国、イスラム系国家のウマイヤ朝といった多勢力との抗争と、再征服活動に起因する財政難によって領土維持が困難となり、7世紀末(697年から698年)のウマイヤ朝によるカルタゴ陥落によって、ローマ帝国は地中海西部の領土を完全に喪失、バルカン半島アナトリア地方(現在の小アジア)の防衛に集中せざるを得ない小国に転落、地中海世界の統一は失われ、ギリシア語圏である東ローマ帝国の影響下にある東部とラテン語圏である西ローマ帝国の影響下にある西部での文化的差異と宗教対立も相俟って、東西は再び競争区域に入り、イスラム勢力であるウマイヤ朝が北アフリカを蹂躙したことによって地中海世界は3つの勢力の分裂し現代に至るまで分裂は続いており、統一は果たされていない。

マケドニア王朝ニケフォロス2世ヨハネス1世バシレイオス2世の3代62年の時代と、コムネノス王朝アレクシオス1世ヨハネス2世マヌエル1世の3代99年の時代に東ローマ帝国は再び勢いを取り戻し、特にマヌエル1世はユスティニアヌス1世と同様、地中海世界の統一によるローマ帝国の復活を目指したが、結果はバルカン半島とアナトリア地方の大国の地位に留まり、マヌエル1世の無謀さによりまたしても財政難となって東ローマ帝国は存続の危機に瀕し、1204年第4回十字軍によるコンスタンティノープル陥落で東ローマ帝国は一時消滅、1261年に地方政権の一つニカイア帝国がコンスタンティノープルを奪還し復活するが、帝国内での皇位継承者争い、勢いを増してきたイスラム系国家オスマン帝国からの圧迫で往年の勢いを取り戻すことは二度と無く、1453年にオスマン帝国皇帝メフメト2世によりコンスタンティノープルが完全に陥落し、東ローマ帝国は滅亡。古代ローマ帝国の系譜は完全に途絶えたのである。

「六皇帝」[編集]

「六皇帝」の硬貨[編集]

関連項目[編集]