ロバート・L・フィッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロバート・ロイド・フィッシュ(Robert Lloyd Fish, 1912年8月21日 – 1981年2月23日)は、アメリカのミステリー作家。フィッシュ名義の他にロバート・L・パイク(Robert L. Pike)のペンネームでも多数作品を発表している。短編小説の名手として知られる。

1963年『亡命者』でエドガー賞 処女長編賞を受賞。1972年、「月下の庭師」でエドガー賞短編部門を受賞。

1978年から、AWAの会長もつとめた。1981年、心臓発作により68歳で死去。

日本語訳が出版された著書[編集]

シュロック・ホームズ・シリーズ[編集]

  • シュロック・ホームズの冒険(The Incredible Schlock Homes ) 1966 シャーロック・ホームズのパロディ第1短編集
    • 深町眞理子他訳 ハヤカワ・ミステリ 1969年
    • 深町眞理子他訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 1977年3月
  • シュロック・ホームズの回想(The Memoirs of Schlock Homes ) 1974 シャーロック・ホームズのパロディ第2短編集 深町眞理子訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 1979年5月
  • シュロック・ホームズの迷推理 英米短編ミステリー名人選集7(日本オリジナル編集)- 2つの短編集に収録されなかったシュロック・ホームズ物をすべて収録し、シリーズ外の短編も含む短編集。深町真理子他訳 (光文社文庫) 2000年3月

密輸人ケック・ハウゲンス・シリーズ[編集]

  • 密輸人ケックの華麗な手口(Kek Huuygens, Smuggler) 1976年
    • 田村義進訳、ハヤカワミステリ文庫 1980年10月

殺人同盟シリーズ[編集]

  • 懐かしい殺人(The Murder League) 1968年
    • 『懐かしい殺人―パーシバル卿と殺人同盟』菊池光訳 (1972年) (日本リーダーズダイジェスト社 ペガサスノベルズ)
    • 『懐かしい殺人』菊池光訳、ハヤカワ・ミステリ文庫 1977年10月
  • お熱い殺人(Rub-A-Dub-Dub (Death Cuts the Deck)) 1971年
    • 『お熱い殺人―パーシバル卿と殺人同盟』菊池光 訳 (日本リーダーズダイジェスト社 ペガサスノベルズ) 1972年
    • 『お熱い殺人』菊池光訳、ハヤカワ・ミステリ文庫 1977年12月
  • 友情ある殺人(A Gross Carriage of Justice) 1979年
    • 『友情ある殺人』島田三蔵訳、ハヤカワ・ミステリ文庫 1981年4月

ホセ・ダ・シルヴァ警部シリーズ[編集]

  • 亡命者(The Fugitive ) 1962年 フィッシュの最初の長編
    • 佐倉潤吾訳、ハヤカワポケットミステリ 1963年

クランシー警部補シリーズ[編集]

  • ブリットMute Witness (Bullitt)) 1963年 ロバート・L・パイク名義 映画化された

非シリーズ作品[編集]

  • 銀行襲撃(Bank Job ) 1974年 ロバート・L・パイク名義
    • 信太英男訳、世界ミステリシリーズ 1978年10月
  • トロイの黄金(The Gold of Troy) 1980年

編著[編集]

  • あの手この手の犯罪 アメリカ探偵作家クラブ傑作選(1)(Every Crime in the Book) 1975年 田村義進他訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 1982年4月