ロノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロノ(ルーブル美術館所蔵)

ロノハワイ語: Lono)はハワイ人の宗教に出てくる4大神のひとりで、農耕平和の神である。

農耕と平和の神[編集]

ハワイ先住民が信じた宗教自然崇拝で、さまざまな神が登場するが、その中でもロノはクーカーネカナロアと共に4大神で、農耕平和の神である。ポリネシア神話の農耕の神・ロンゴマオリ語Rongo)に相当する。 [1] [2]

神話[編集]

ロノは地上の女を娶るために天から虹を伝って降り立った。そして、美しい娘カイキラニに求婚し、ケアラケクア湾に所帯を持った。ある時、ひとりの首長がカイキラニに横恋慕し、求愛の歌を歌ったところ、それを耳にしたロノは嫉妬に怒り狂い、妻を殴り殺した。我に返ったロノは後悔の念から狂人のように島を徘徊し、会う人全てにレスリングを挑んだ。その後、ロノは人々に沢山の食料を持って帰ってくると約束し、カヌーに乗ってケアラケクア湾を去った[3]

ハワイの新年「マカヒキ」をつかさどる神[編集]

ハワイの新年はプレアデス星団すばる)が日没後すぐの空に出るようになって(現在は11月末 [4])最初の新月から始まり、その後4か月は「マカヒキ」と呼ばれる。この期間はハワイ人が農耕漁労を休んで休息して、遊びやゲームにいそしみ、戦争は一切行わない期間で、ロノを祭るヘイアウ(聖所)では木で大きなTの字を作り、上にロノの木の像を祭り、横木からカパで作った白いを垂らして盛大に祝う。 [5] 他の神・クーのヘイアウでも、高く立てた棒に白い布を掲げて、この時期はロノが治めるマカヒキの期間であることを示す。

キャプテン・クックの来航[編集]

キャプテン・クック1779年にハワイへ来航している。その時に投錨したケアラケクア湾にはロノを祭るヒキアウ・ヘイアウがあり [6] 、白い帆をかかげるレゾルーション号に乗った西洋人たちはロノの来訪と間違えられて、最初はハワイ先住民に大歓迎されたが、次に帆船の修理に再度寄った時にはマカヒキを過ぎており、疑われて、さらに争いに巻き込まれてそこで亡くなっている。

脚注[編集]

  1. ^ Martha Beckwith著「Hawaiian Mithology』 (Yale University Press, 1940 / University of Hawaii Press, 1970) Part One: Chapter III "The God Lono"
  2. ^ Jan Knapert著『Pacific Mythology』(Aquarian/Thorsons, 1992)
  3. ^ 月刊みんぱく編集部(編)『100問100答 世界の民族』 河出書房新社 1996年、ISBN 4-309-22298-6 pp.245-247.
  4. ^ E.H. Bryan, Jr.著『Stars Over Hawai'i』 (1995; 2002; Petroglyph Press, 2015), Chapter 8 "Hawaiian Astronomy"
  5. ^ 豊穣と平和のロノ(ハワイの神話と伝説)
  6. ^ Kealakekua Bay State Historical Park

参照項目[編集]