カナロア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タナロア

カナロア(Kanaloa)は、ハワイ神話に伝わる四大神の一柱。海神であり、イカタコの姿で現され、魔法冥界の神としての側面も持つ。 [1]

ハワイ神話を含むポリネシア神話で広く伝えられてきたで、ハワイ以外では最も重要な神になっている。マオリ語ではタナロアTangaroa)と呼ばれる。悪魔の蛸ロゴ・トゥム・ヘレとの戦いが有名である。タナロアとした場合の姿は魚と爬虫類が入り混じる魚龍の姿である。もちろん右の写真のように人の姿で現す場合もある。タヒチ語ではタアロア(Ta'aroa)と呼ばれる神である。ハワイ語には「t」と「r」の発音がなく、それぞれ「k」と「l」になっている。[2]

その他[編集]

カナロアと称する競走馬[3][4]、および頭に「ロード」の冠名を付したGI馬ロードカナロア[5]が存在する。いずれも「カナロア」部分のスペルは"Kanaloa"である。

参考文献[編集]

  • アーサー・コッテル著「世界神話辞典」柏書房,p369.

脚注[編集]

  1. ^ 海の神カナロア(ハワイの神話と伝説)
  2. ^ 英語の「タブー」(taboo、ポリネシア語tabu語源)はハワイ語では「カプ」(kapu)と呼ばれる。
  3. ^ カナロア|競走馬データ- netkeiba.com”. 20151228閲覧。
  4. ^ カナロア|競走馬データ- netkeiba.com”. 20151228閲覧。
  5. ^ ロードカナロア|競走馬データ- netkeiba.com”. 20151228閲覧。