ロドルフォ・ウシグリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Rodolfo Usigli
ロドルフォ・ウシグリ
生年月日 (1905-11-17) 1905年11月17日
没年月日 (1979-06-18) 1979年6月18日(73歳没)
出生地 メキシコの旗 メキシコ 連邦区メキシコシティ
死没地 メキシコの旗 メキシコ 連邦区メキシコシティ
国籍 メキシコの旗 メキシコ
民族 ポーランド系メキシコ人
イタリア系メキシコ人
職業 劇作家脚本家小説家
ジャンル 演劇映画小説
主な作品
原作
アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生

ロドルフォ・ウシグリRodolfo Usigli, 1905年11月17日 - 1979年6月18日)は、メキシコ劇作家脚本家小説家である。第1回カンヌ国際映画祭の審査員を務めた。

人物・来歴[編集]

1905年(明治38年)11月17日、メキシコ連邦区メキシコシティで、イタリア人を父に、ポーランド人を母に生まれる。

1935年(昭和10年)から1年間、ロックフェラー財団のスカラシップを得て、アメリカ合衆国イェール大学の演劇科に留学する。のちに同学の教授となり学位も得ている。1936年(昭和11年)に帰国。1930年代を通じて、ラジオドラマの演出の仕事をした。

1938年(昭和13年)に執筆した戯曲『ジェスチャーの男』は、政治的理由でメキシコ政府から検閲された。

第二次世界大戦後の1946年(昭和21年)、40歳のとき、同年9月にフランスのカンヌで初めて開催されたカンヌ国際映画祭で、メキシコ選出の審査員を務めた。1951年(昭和26年)、『スサーナ』の脚本にダイアローグで協力して以来、ルイス・ブニュエルの作品の脚本に対し、ダイアローグなり原作なりの直接の影響を与えた。

ウシグリの劇作には、女性のキャラクターが特徴的であった。ウシグリが重用した女優ロサリオ・カステリャノスルイサ・ホセフィナ・エルナンデスは、メキシコ演劇界で大成した。

1979年6月18日、メキシコシティで死去した。満73歳没。

フィルモグラフィ[編集]

関連事項[編集]

[編集]

外部リンク[編集]