ロスピタレ (ロット県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Lhospitalet
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オクシタニー地域圏
(département) ロット県
(arrondissement) カオール郡
小郡 (canton) マルシュ・デュ・シュド・ケルシー小郡
INSEEコード 46172
郵便番号 46170
市長任期 ジャン=ピエール・アルメラ
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de Castelnau-Montratier
人口動態
人口 448人
2012年
人口密度 31人/km2
地理
座標 北緯44度21分43秒 東経1度24分32秒 / 北緯44.3619444444度 東経1.40888888889度 / 44.3619444444; 1.40888888889座標: 北緯44度21分43秒 東経1度24分32秒 / 北緯44.3619444444度 東経1.40888888889度 / 44.3619444444; 1.40888888889
標高 平均:m
最低:217 m
最高:330m
面積 14.65km2 (1 465ha)
Lhospitalet の位置(フランス内)
Lhospitalet
Lhospitalet
テンプレートを表示

ロスピタレLhospitalet)は、フランスオクシタニー地域圏ロット県コミューン

地理[編集]

カオール人口密集地に属するコミューン。県道659号線が通る。近くにはランドゥ川、バルタセック川の水源がある。

11世紀、ダーム・エレーヌ(Dame-Hélène)の名が付いた病院(hôpital)があり、これが小さなコミューンの名となった。ここから数百メートル離れたところには、1790年まで、聖ヨハネ騎士団コマンドリー、グラネジュルが残っていた。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路であるポディエンシス街道途上にある。ラバスティッド・マルナックの次がロスピタレであり、その後はラスカバヌとエスケイラック教会である。

由来[編集]

Lhospitaletは、『小さな病院』を意味するラテン語のhospitalisが起源である[1]

歴史[編集]

1095年代から13世紀半ばの間のいつか、エレーヌという貴婦人と彼女の従者は、谷の底にあるファンガ(fangas)という場所で馬が泥沼に足を取られ、逃れられなくなったと考えられている。エレーヌは、もしこの混乱した状態から無事に脱することができたら、貧者や巡礼者の世話に献身すると誓いを立てた。無事に足元の確かな土地に立てたため、彼女は自らの誓いを実行した。

これが、サン・ジャック・ド・ロスピタレ病院(別称ダーム・エレーヌ)の発祥である。病院はカオールのやや南側で、カオールからモワサックを経由してカステルノ・モンラティエ、ランドゥ川谷からデュルフォール・ラカプレットへ向かう道、ヴァレーヌとグラネジュル(ここには別の病院もあり、1246年にダーム・エレーヌと合併した)から通じるかつてのローマ街道が交差する地点であった。

小さな病院は村沿いにあり、村は後世拡張していった。こうした不動産の痕跡は、礼拝堂の名残である壁に埋め込まれたアーケードを除いて、何も残っていない。我々には正確な場所がわからないのである。

1566年8月15日の遺言書では、いくつかが明確に記されている。ロスピタレ病院(Maison-Dieu de L'Hospitalet)はサン・ジャック協会(la fondation de saint Jacques)と呼ばれ、土地から上がる収入で成り立っていた。そのため、小規模な病院であった。

17世紀、サン・ジャックの守護はしっかりとロスピタレの家々と結びついていた。常に『ロスピタレのコマンドリー』または、『ロスピタレという土地にあるサン・ジャック病院』と呼ばれていた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2007年 2012年
218 241 262 272 299 373 441 448

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[2]、2004年以降INSEE[3][4]

史跡[編集]

  • 教会 - 15世紀に再建。内陣はダーム・エレーヌ病院の礼拝堂であった。そこには今も多彩色のモザイクが見られる。ここはガロ・ローマ時代の定住地で、後に騎士団のコマンドリーとなった。

脚注[編集]

  1. ^ Gaston Bazalgues, À la découverte des noms de lieux du Quercy : Toponymie lotoise, Gourdon, Éditions de la Bouriane et du Quercy,‎ , 127 p. (ISBN 2-910540-16-2), p. 115.
  2. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=17249
  3. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  4. ^ http://www.insee.fr