ロシアケーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロシアケーキ
Russian Cake of Eikodo Seika (1).jpg
別名 ロシアンクッキー[1][2]
種類 クッキー
発祥地 日本の旗 日本
テンプレートを表示

ロシアケーキとは、二度焼きしたクッキーに、ジャムクリームチョコレートを塗ったり、ナッツなどを載せたりした菓子。クッキーを一枚焼き、その上にメレンゲマカロン、クッキー生地を絞り出して二度焼きし、台となるクッキーを作る。ロシアンクッキーの別名で呼ばれる場合もある。

歴史[編集]

1931年にロシアから日本に渡り、新宿中村屋に勤務していた洋菓子職人のスタンレー・オホッキーが日本に製法を伝えたとされる[1][3]。この時オホッキーから製法を伝授されたひとりであった長束実はその後独立し、千葉県内に開いた自らの店でもロシアケーキを作り販売した[4]東京都内の菓子メーカーである中山製菓は、創業翌年の1953年よりロシアケーキの製造販売を始めている[3]

特徴[編集]

生地が二度焼きされていることが定義として挙がるが[1][2][5]、それ以外についてはジャムチョコレートをトッピングしたり[1]ナッツドライフルーツをあしらう[1][2]などのバリエーションが存在する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 松永早弥香 ロシア人が知らないロシアケーキって? 中山製菓初の直売カフェで秘密を知る マイナビ 2018.1.24付記事
  2. ^ a b c 奥田ユキコ ロシアケーキにチョコレート、そして「シベリア」? 日本に根づいたロシアのお菓子 tenki.jp 2016.9.6付記事
  3. ^ a b ロシアケーキものがたり 中山製菓 2018.10.28 05:10 (UTC) 閲覧
  4. ^ 中村屋ロシアケーキ 館山中村屋 2018.10.28 05:10 (UTC) 閲覧
  5. ^ ロシアケーキ RUSSIAN CAKE 栄光堂製菓 2018.10.28 05:20 (UTC) 閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]