ロイ・バッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロイ・バッド
Roy Budd
基本情報
出生名 Roy Frederick Budd
出生 1947年3月14日
イングランドの旗 イングランドサリー州ミッチャム
死没 1993年8月7日(満46歳没)
ジャンル 映画音楽ジャズ
職業 作曲家ピアニスト
担当楽器 ピアノオルガンハープシコード
活動期間 1965 - 1993
レーベル キャッスル, MCAレコード
共同作業者 ロイ・バッド・トリオ

ロイ・バッド(Roy Budd, 1947年3月14日 - 1993年8月7日)は、イギリス作曲家ジャズピアニスト。特に1970年代の映画音楽の作曲で知られる。


経歴[編集]

初期の活動[編集]

幼少時は神童と呼ばれ、6歳でロンドン・コロシアム・シアターでデビュー。12歳でロンドン・パラディウムのオルガン奏者としてテレビ出演するなど、鍵盤楽器に天才的な演奏能力を発揮した。プロになるため16歳で学校をやめ、自らのジャズ・トリオ「ロイ・バッド・トリオ」を結成。アルバム『ロイ・バッド』(1965)をリリース。メロディ・メーカー誌ジャズ部門の新人賞を獲得[1]。以降、英ジャズピアニストの人気投票上位を獲得し続け、ロンドンの有名ジャズ・クラブ「ブルズ・ヘッド」[2]の専属ピアニストとしても演奏した。この時期の代表作『Pick Yourself Up!!! This is Roy Budd 』(1967)においては、ジャズ・トリオの演奏のみならず、オーケストラを使った演奏もみせている。

映画音楽[編集]

1967年から、TVドラマの音楽も担当するようになり、1970年、イギリスの音楽コンポーザーを探していたラルフ・ネルソン監督によって『ソルジャー・ブルー』に起用される[3]。バッドの書いたスコアはロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団によって演奏された。続くマイク・ホッジス監督、マイケル・ケイン主演のイギリス映画『狙撃者』(1971)での、シンプルなジャズ・トリオによるクールな演奏は高い評価を得るところとなり、この2作によりバッドは映画音楽家として認められ、本格的に映画音楽家として活動するようになる。

こうしてバッドは70年代を通して、多忙な映画音楽家のひとりとなる。その後、『爆走!』(1971)、『殺しのカルテ』(1971)、『シンジケート』(1973)、『ワイルド・ギース』(1978)など、犯罪・アクション映画を中心に映画音楽を担当した。バッドは1970年代に25本。生涯で32本の映画音楽を手がけた[4]。また、この間、映画音楽以外にも『ザ・サンドバッガーズ』(1978 - 1980)など、TVドラマ用のスコアも手がけている。

1980年代以降[編集]

『狙撃者』のタイトル音楽は映画音楽の名作のひとつとなったが、10年におよぶバッドの映画音楽での仕事は、華やかな評価には恵まれなかった。映画音楽家としての活動はしだいに少なくなり、1970年代にも引き続き活動していた「ロイ・バッド・トリオ」など、再びジャズ界に主な活動を戻していった。しかし、並行して「スタートレック組曲」、「スターウォーズ・トリロジー」などの有名映画の再演や、スタンダード・ポップスのオーケストレーションなど、幅広いジャンルのレコーディングも行った。

1993年、サイレント映画「オペラ座の怪人」(1925)のための交響曲のスコアの創作途中に、脳梗塞により死去した。

音楽スタイル[編集]

天才肌のミュージシャンで、ジャズ畑出身でありながら、ファンクと壮大なオーケストレーションの融合や、インドや南米のリズムを取り入れるなど、ユニークな音楽的アプローチを得意とした[5]。映画音楽においては、曲中に音楽的ルーツであるジャズ的なテイストを盛り込んだ。バッドは同じくジャズピアニスト出身のジョン・ウィリアムズラロ・シフリンを好み、彼らもこういった手法を使っている[6]。オーケストラ演奏の中にポップス、ロック的アレンジを加えるスタイルも多く、これは同様にバッドが好んだジェリー・ゴールドスミス[3]クインシー・ジョーンズの影響である[6]

主な映画音楽[編集]

邦題 原題 監督 主演
1970 ソルジャー・ブルー Soldier Blue ラルフ・ネルソン キャンディス・バーゲン
1971 狙撃者 Get Carter マイク・ホッジス マイケル・ケイン
小さな冒険者 Flight of the Doves ラルフ・ネルソン ジャック・ワイルド
ツェッペリン Zeppelin エティエンヌ・ペリエ マイケル・ヨーク
マーベリックの黄金 Catlow サム・ワナメーカー ユル・ブリンナー
1972 爆走! Fear Is the Key マイケル・タクナー バリー・ニューマン
殺しのカルテ The Carey Treatment ブレイク・エドワーズ ジェームズ・コバーン
1973 シンジケート The Stone Killer マイケル・ウィナー チャールズ・ブロンソン
1974 マルセイユ特急 The Marseille Contract ロバート・パリッシュ アンソニー・クイン
1977 シンドバッド虎の目大冒険 Sinbad and the Eye of the Tiger サム・ワナメイカー パトリック・ウェイン
1978 ワイルド・ギース The Wild Geese アンドリュー・マクラグレン リチャード・バートン
1980 シーウルフ The Sea Wolves アンドリュー・マクラグレン グレゴリー・ペック

脚注[編集]

  1. ^ The Melody Maker readers polls 1965 [1]
  2. ^ Bull's Head HP [2]
  3. ^ a b Doug Payne Productions - THE ROY BUDD STORY [3]
  4. ^ dougpayne.com Roy Budd DISCOGRAPHY [[4]]
  5. ^ jhp-productions.com 内 JAMBO MUSIC [5]
  6. ^ a b filmscoremonthly.com [6]

参考リンク[編集]

Roy Budd Discography (complete) [7]

外部リンク[編集]