レモ・マイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レモ・マイヤー Football pictogram.svg
Rémo Meyer.JPG
RBザルツブルク時代(2009年)
名前
本名 レモ・マイヤー
ラテン文字 Rémo Meyer
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
生年月日 (1980-11-12) 1980年11月12日(37歳)
出身地 ランゲンタール英語版
身長 183cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム スイスの旗 FCホフドルフ英語版
ポジション DF / MF (CB, DMF)
背番号 18
利き足 右足
ユース
スイスの旗 アルグロ
スイスの旗 ランゲンタール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2000 スイスの旗 ルツェルン 37 (1)
2000-2002 スイスの旗 ローザンヌ 64 (4)
2002-2006 ドイツの旗 1860ミュンヘン 86 (2)
2006-2009 オーストリアの旗 RBザルツブルク 45 (2)
2010-2014 スイスの旗 アルグロ 4 (1)
2014- スイスの旗 ホフドルフ 69 (9)
代表歴2
1998-2002 スイスの旗 スイス U-21 22 (1)
2002-2004 スイスの旗 スイス 5 (0)
監督歴
2013-2014 スイスの旗 アルグロ(選手兼任)
2014- スイスの旗 ホフドルフ(選手兼任)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月7日現在。
2. 2017年5月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

レモ・マイヤーRémo Meyer, 1980年11月12日 - )は、スイスベルン州ランゲンタール出身の同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

当時スイスリーグ所属のFCルツェルンでプロデビュー。2000年に同リーグのFCローザンヌ=スポールへ移籍。同クラブでは97試合に出場、レギュラーとしての活躍が認められ、2002年に当時ドイツ・ブンデスリーガに属していたTSV1860ミュンヘンへ移籍。同リーグで42試合に出場。2004年にはドイツ2部への降格を経験するものの、同クラブに残留。1部復帰を目指すが、目標は達成できず。2部では44試合に出場する。元々は右サイド、及び守備的ミッドフィールダーであったが、1860ミュンヘン在籍中に2部へ降格した後は主にセンターバック及び右サイドバックとしてプレーしている。

国際舞台での出場の場を求めて2006年夏にオーストリア・ブンデスリーガに属する強豪レッドブル・ザルツブルクへ移籍。リーグ優勝などを経験する。

2014-15シーズンより2.リーガ・インターレギオナル英語版(スイス5部)に所属するFCホフドルフの選手兼任監督に就任することが発表された[1]

2002年にはU-21スイス代表の一員としてU-21欧州選手権で準決勝に進出している。また同年にスイスA代表でのデビューも果たしている。

タイトル[編集]

RBザルツブルク

脚注[編集]

  1. ^ Remo Meyer übernimmt im Sommer”. FC Hochdorf. 2017年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]