レアンコイリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レアンコイリア
生息年代: 525–505 Ma
20191027 Leanchoilia superlata.png
レアンコイリア Leanchoilia superlata の復元図
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
古生代カンブリア紀
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: †(和訳なし) Megacheira
階級なし : †(和訳なし) Cheiromorpha[1]
: レアンコイリア目 Leanchoiliida
: レアンコイリア科 Leanchoiliidae
: レアンコイリア属 Leanchoilia
学名
Leanchoilia
Walcott 1912
タイプ種
Leanchoilia superlata
Walcott 1912
  • Leanchoilia illecebrosa
  • Leanchoilia obesa
  • Leanchoilia persephone
  • Leanchoilia protogonia
  • Leanchoilia robisoni
  • Leanchoilia superlata
  • Leanchoilia? hanceyi

レアンコイリアLeanchoilia)は、レアンコイリア目レアンコイリア科に分類される大付属肢節足動物Megacheira類の1カンブリア紀で広く分布し、レアンコイリア科の中で最も多様化した属である[2]

形態[編集]

最大のものは体長およそ7cmに及ぶ[3]。体は上下に扁平で、先端が尖った頭部・左右に張り出した11節をもつ胴部・平たい尾節からなり、発達な大付属肢は糸状に伸びる鞭毛をもつ[3][4][2]

頭部[編集]

頭部は1枚の背甲(carapace)に覆われ、L. obesa を除いて先端は尖る。腹側の前部は4つのがあり、直後は1枚のハイポストーマ(hypostome)、および1対の大付属肢(great appendages)と3対の二叉型付属肢という計4対の関節肢をもつ[3]

ハイポストーマはしずく型で眼・大付属肢・第1対のニ叉型付属肢の間に備わり、はその後端に開くと思われる[3]

頑丈な大付属肢は6節で、柄のような基部2つの肢節と爪のような後4つの肢節からなる。後4節のうち前の3肢節のそれぞれの先端は、無数の環節に分かれ、糸のように長く伸びる鞭毛(flagellum)をもつ。最後の肢節はとても小さく、数本の鉤状の爪をもつ[3]

残り3対の頭部付属肢は胴部のものに似通う二叉型で、後方ほど長く伸びる。L. superlata の場合、最初の1対は小さく目立てないが、残り2対より発達した棘をもつ[3]

胴部と尾節[編集]

胴部は幅広く、左右に張り出した背板をもつ11からなる。前後でやや幅狭くなり、楕円形の輪郭を描く。腹側は節ごとに1対の二叉型付属肢をもち、後端ほど短くなる。二叉型付属肢は顎基をもつ原節(basipod)、剛毛をもつヒレ状の2節の外肢(exopod)、および7肢節[3]もしくは9肢節[4]の内肢(endopod)からなる。尾節は短い針状もしくは平板状で、外縁には剛毛が並んでいる[3][2]

生態と分布[編集]

付属肢の形態に基づいて、レアンコイリアは海底で遊泳する捕食者であったと考えられる。ニ叉型付属肢の外肢は内肢より長く、内肢も歩行に適した形態ではないため、歩行より遊泳に向いていると考えられる。感覚用の鞭毛をもつ大付属肢で獲物を捕獲し、ニ叉型付属肢の顎基で餌を粉砕できたと考えられる[3]L. superlata の場合、ハイポストーマの直後(口の開口部と思われる部分)にあり、短いかつより多くの棘をもつ第1対の二叉型付属肢は、大顎類小顎のように餌を咀嚼できたと考えられる[3]。幼生は成体に比べて体節が少なく、大付属肢の形態も異なることから、レアンコイリアは成長過程で徐々に体節を増やし(増節変態を行い)[5]、幼生と成体のニッチ(生態的地位)は異なっていたと考えられる[6]

レアンコイリアは広い分布域をもち、カナダバージェス頁岩L. superlata, L. persephone, L. protogonia)および中国Kaili FormationL. robisoni)と澄江動物群L. illecebrosa)に見られる。アメリカスペンス頁岩Spence Shale)の L.? hanceyi は不確実であるが、本属のものと思われる[2]

分類[編集]

ヤウニクの復元図。

レアンコイリア属はレアンコイリア科Leanchoiliidae)のタイプ属である。本に分類されるMegacheira類はレアンコイリアの他に、アラルコメナエウスヤウニク[1]、および Oestokerkus が挙げられており、いずれも11節からなるコンパクトな胴部と鞭毛のある大付属肢をもつ[2]

L. illecebrosa の化石。

一部の種に関して実は同種ではないかという見解はあった[7]が、2017年現在、レアンコイリアはMegacheiraの中で種の最も多い属であり、6種以上が認められ、主に尾節の構造で区別できる[2]

  • Leanchoilia illecebrosa - 尾節は後半部から丸くなり、後半部の外縁のみに短い剛毛をもつ。
  • Leanchoilia obesa - 頭部先端は丸くて尖らない。尾節は後半部から三角形となり、後半部の外縁のみに剛毛をもつ。
  • Leanchoilia persephone - 尾節は三角形で、剛毛は外縁全体に備わる。
  • Leanchoilia protogonia - 尾節はとても細く、後半部の外縁のみに剛毛をもつ。
  • Leanchoilia robisoni
  • Leanchoilia superlata - 本属のタイプ種。頭部先端の突起は反り上げる。尾節は三角形で先端はやや太い棘をもち、剛毛は外縁全体に備わる。
  • Leanchoilia? hanceyi

脚注[編集]

  1. ^ a b Aria, Cédric; Caron, Jean-Bernard; Gaines, Robert (2015). “A large new leanchoiliid from the Burgess Shale and the influence of inapplicable states on stem arthropod phylogeny” (英語). Palaeontology 58 (4): 629–660. doi:10.1111/pala.12161. ISSN 1475-4983. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/pala.12161. 
  2. ^ a b c d e f He, Yu-Yang; Cong, Pei-Yun; Liu, Yu; Edgecombe, Gregory D.; Hou, Xian-Guang (2017-10-02). “Telson morphology of Leanchoiliidae (Arthropoda: Megacheira) highlighted by a new Leanchoilia from the Cambrian Chengjiang biota” (英語). Alcheringa: An Australasian Journal of Palaeontology 41 (4): 581–589. doi:10.1080/03115518.2017.1320425. ISSN 0311-5518. https://www.researchgate.net/publication/318755039_Telson_morphology_of_Leanchoiliidae_Arthropoda_Megacheira_highlighted_by_a_new_Leanchoilia_from_the_Cambrian_Chengjiang_biota. 
  3. ^ a b c d e f g h i j Haug, Joachim T.; Briggs, Derek EG; Haug, Carolin (2012-08-30). “Morphology and function in the Cambrian Burgess Shale megacheiran arthropod Leanchoilia superlata and the application of a descriptive matrix”. BMC Evolutionary Biology 12 (1): 162. doi:10.1186/1471-2148-12-162. ISSN 1471-2148. PMC: PMC3468406. PMID 22935076. https://doi.org/10.1186/1471-2148-12-162. 
  4. ^ a b Liu, Yu; Hou, Xian-Guang; Bergström, Jan (2007-09). “Chengjiang arthropod Leanchoilia illecebrosa (Hou, 1987) reconsidered” (英語). GFF 129 (3): 263–272. doi:10.1080/11035890701293263. ISSN 1103-5897. http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/11035890701293263. 
  5. ^ Liu, Yu; Melzer, Roland R.; Haug, Joachim T.; Haug, Carolin; Briggs, Derek E. G.; Hörnig, Marie K.; He, Yu-yang; Hou, Xian-guang (2016-05-17). “Three-dimensionally preserved minute larva of a great-appendage arthropod from the early Cambrian Chengjiang biota” (英語). Proceedings of the National Academy of Sciences 113 (20): 5542–5546. doi:10.1073/pnas.1522899113. ISSN 0027-8424. PMC: PMC4878483. PMID 27140601. https://www.researchgate.net/publication/301793123_Three-dimensionally_preserved_minute_larva_of_a_great-appendage_arthropod_from_the_early_Cambrian_Chengjiang_biota. 
  6. ^ Liu, Yu; Haug, Joachim T.; Haug, Carolin; Briggs, Derek E. G.; Hou, Xianguang (2014-12). “A 520 million-year-old chelicerate larva” (英語). Nature Communications 5 (1): 4440. doi:10.1038/ncomms5440. ISSN 2041-1723. https://www.researchgate.net/publication/263935807_A_520_million-year-old_chelicerate_larva. 
  7. ^ García‐Bellido, Diego C.; Collins, Desmond (2007). “Reassessment of the Genus Leanchoilia (arthropoda, Arachnomorpha) from the Middle Cambrian Burgess Shale, British Columbia, Canada” (英語). Palaeontology 50 (3): 693–709. doi:10.1111/j.1475-4983.2007.00649.x. ISSN 1475-4983. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1475-4983.2007.00649.x. 

関連項目[編集]