ルール・ブリタニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Rule, Britannia!
ルール・ブリタニア!
和訳例:統べよ、ブリタニア!
関連画像
イギリスプリマスにあるブリタニア像

愛国歌の対象
イギリスの旗 イギリス

作詞 ジェームズ・トムソン (James Thomson)
作曲 トーマス・アーン1740年
試聴
テンプレートを表示

ルール・ブリタニア」(Rule, Britannia!, 統べよ、ブリタニア)は、イギリスの愛国歌である。イギリスを擬人化した女神ブリタニアが世界を支配するであろうと高らかに歌い上げる。

概要[編集]

ジェームズ・トムソン (James Thomson) の「ルール・ブリタニア」の詩に、トマス・アーンによって1740年に曲がつけられた。この歌は仮装劇『アルフレッド大王』の劇末部分に含まれている。

ブリタニアとは、イギリスを擬人化した女神のことであり、つまりこの曲は、イギリスが世界を支配するであろうという気宇壮大な歌である。

ロンドン1745年に初演され、すぐに人気を博した。

ドイツの作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは、この曲の旋律を編曲したものを取り入れ、管弦楽曲ウェリントンの勝利』(作品911813年)を作曲しており、また同様にピアノ曲『ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲』(WoO 79、1803年)という作品も残している。

また、ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーも、勉強中の青年期に序曲『ルール・ブリタニア』(WWV 421837年)を作曲している。初期作品の中でも演奏の機会は少ない。

現在でも、BBCプロムスの最終夜にヘンリー・ウッドによる編曲『イギリスの海の歌によるファンタジア(Fantasia on British Sea Songs』の最後の1曲として演奏されることが定番になっている。この他、スコットランドサッカークラブ、レンジャーズFCサポーター歌でもある。

この曲を歌唱するときは、「Rule, Britannia!~never shall be slaves」の節を2~3回繰り返し「断じて奴隷(僕)とはなるまじ」と強調している場合が多い。

歌詞[編集]

When Britain first at Heav'n's command
Arose from out the azure main;
This was the charter of the land,
And guardian angels sang this strain;
Rule, Britannia! Britannia, rule the waves:
Britons never never never shall[will] be slaves.
英国が神のご指示で

紺碧の大海から産まれ出でた最初の時に

これがこの国の決まりごとだった

そして守護天使達はこの句を歌った


 統べよ、英国! 英国、統べよ大海を

 英国人は決して決して決して奴隷にはならない。

The nations not so blest as thee,
Shall in their turns to tyrants fall;
While thou shalt flourish great and free,
The dread and envy of them all.
Rule, Britannia! Britannia, rule the waves:
Britons never never never shall[will] be slaves.
あなたほどは神のご加護を得られない国々は

次々と暴君の下に屈服する

一方あなたは偉大にそして自由に繁栄する

ご加護を得られない国々にうらやましがられる。


 統べよ、英国! 英国、大海を統べよ。

 英国人は決して決して決して奴隷にはならない。

Still more majestic shalt thou rise,
More dreadful from each foreign stroke;
As the loud blast that tears the skies,
Serves but to root thy native oak.
Rule, Britannia! Britannia, rule the waves:
Britons never never never shall[will] be slaves.
なたはより堂々と立ち上がって行こうとする

外国からちょっかいを受けるとより強固になる。

空を切り裂く大きな音は

あなた産まれの樫の木を根つかせる。


 統べよ、英国! 英国、統べよ大海を

 英国人は決して決して決して奴隷にはならない。

Thee haughty tyrants ne'er shall tame,
All their attempts to bend thee down
Will but arouse thy generous flame;
But work their woe, and thy renown.
Rule, Britannia! Britannia, rule the waves:
Britons never never never shall[will] be slaves.
あなたを強い暴君でも手なずけることはできない。

あなたを屈服させようとする彼らの総ての試みは

あなたの高潔な炎を掻き立てるだけ

彼らの苦悩、あなたの名声を大きくするだけ。


 統べよ、英国! 英国、統べよ大海を

 英国人は決して決して決して奴隷にはならない。


To thee belongs the rural reign;
Thy cities shall with commerce shine;
All thine shall be the subject main,
And every shore it circles thine.
Rule, Britannia! Britannia, rule the waves:
Britons never never never shall[will] be slaves.
あなたには田園の統治が帰属し

町は商業で輝き

あなたの所有物には統べている大海が含まれ

その大海で囲まれている海辺はすべてあなたの物。


 統べよ、英国! 英国、統べよ大海を

 英国人は決して決して決して奴隷にはならない。


The Muses, still with freedom found,
Shall to thy happy coast repair;
Blest Isle! With matchless beauty crowned,
And manly hearts to guide the fair.
Rule, Britannia! Britannia, rule the waves:
Britons never never never shall[will] be slaves.
芸術の女神たち、見出した自由で

あなたの美い海辺をより美しくする

この島に祝福を! 比類なき美しさを受け

そして逞しい心に導かれる。


 統べよ、英国! 英国、統べよ大海を

 英国人は決して決して決して奴隷にはならない。

 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]