トマス・アーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トマス・アーン

トマス・オーガスティン・アーンThomas Augustine Arne,1710年3月12日1778年3月5日)はイギリス作曲家。イギリスの愛国歌「ルール・ブリタニア」の作曲者として最も著名で、この曲は現在でもしばしば歌われている(BBCプロムスの最終夜では毎年演奏される)。

生涯[編集]

アーンはロンドンコヴェント・ガーデンの室内装飾業で成功した家族に生まれた。イートン・カレッジで教育を受け、若くして音楽に興味を持つようになる。マイケル・フェスティングとの思いがけない出会いによって音楽にのめりこむようになったが、父親はアーンを弁護士にさせたがっていた。

アーンの妹スーザナ・マリア・アーンは有名なアルト歌手で、1733年に上演されたアーンのオペラ「ローザモンド Rosamund 」にも出演した。彼女はアーンに声楽の指導を受け、1732年にもう1人の兄弟リチャードとあわせて3人で共演してデビューを果たしている。

1736年に声楽家セシリア・ヤングと結婚。セシリアは、作曲家ジョン・フレデリック・ランプと結婚した歌手イザベラ・ヤングと姉妹であり、アーンとランプは義兄弟となった。アーンのオペラと仮面劇は非常に有名になり、英国皇太子フレデリック・ルイスの庇護を受けた。「ルール・ブリタニア」が有名な仮面劇「アルフレッド」は、クリヴドンの東宮御所で初演されている。

1750年にアーンの妹スーザナは、劇場支配人デイヴィッド・ギャリック]と口論の末にドルーリー・レーン劇場を去り、アーンとともにコヴェント・ガーデン劇場に移った。1755年にアーンは、妻が精神病だと言い張ってセシリア夫人と別居する。その頃にはかつての門人のひとりであり、神童として知られたソプラノ歌手のシャーロット・ブレント英語版としばしの関係を持つようになっていた。だがブレントは、その後ヴァイオリニストと結婚している。1777年に亡くなる直前になって、妻セシリアと和解した。ロンドンのコヴェント・ガーデンにあるセント・ポール教会に葬られた。セシリアとの一粒種マイケル・アーンは、歌曲の作曲家として名を残している。

18世紀の『イギリス人名辞典 The Dictionary of National Biographies 』第13巻のトマス・マウンティアー( Thomas Mountier )の項目によると、「1752年5月17日にアーン博士の指揮により、ヘイマーケット劇場でヘンデルの「アチスとガラテア」が初演された。(中略)マウンティアーがアチス役を、アーン嬢がガラテア役を演じた」とある。

作品[編集]

  • ルール・ブリタニア

外部リンク[編集]