我は汝に誓う、我が祖国よ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
I vow to thee, my country
和訳例:我は汝に誓う、我が祖国よ
関連画像
制作の経緯から11月11日の「戦没者追悼の日」に歌唱されることが多い(cf.エニグマ変奏曲「ニムロッド)。

愛国歌の対象
イギリスの旗 イギリス
イギリス連邦

作詞 セシル・スプリング=ライス1918年
作曲 グスターヴ・ホルスト1916年
テンプレートを表示

我は汝に誓う、我が祖国よ」(I vow to thee, my country)は、グスターヴ・ホルスト作曲の管弦楽付きコラールの一つである。イギリス愛国歌、またイングランド国教会聖歌

概要[編集]

イギリスの外交官セシル・スプリング=ライスCecil Spring-Rice, 1859年 - 1918年)が作った詩に、1918年(1921年説も)グスターヴ・ホルストの組曲『惑星』(1916年作曲)の一曲「木星」の中間部の旋律が付けられた歌である。スプリング=ライスがこの詩を作った当時のヨーロッパは第一次世界大戦のさなかであり、そのためか1番では祖国への忠誠心を、2番では平穏の理想の国家について言及している。当時ホルストは存命中であり、彼によって歌詞に合うように編曲され「管弦楽付きコラール」として1926年にコーエン出版から発表された。

歌詞[編集]

歌詞はオリジナルは、イギリスの外交官セシル・スプリング=ライスによる詩であり、これは彼がスウェーデン駐箚イギリス大使だった1908年ごろに書かれた。 当時はラテン語で「神の都」を意味する「ウルブス・デイ(Urbs Dei )」あるいは「二つの祖国(The Two Fatherlands)」と呼ばれ、詩にはいかにキリスト教徒が祖国と天上の王国の両方への忠誠心を負うべきかが書かれていた。詩の一部は、作者が子孫にあたるスプリング家のモットーを基にしている。[1]。第一稿は、独自の構成として、第一次世界大戦前に典型的な、祖国への愛がはっきりとあらわされている。

1912年にスプリングは=ライスはアメリカ合衆国駐箚イギリス大使に任命された。アメリカ合衆国では彼はウッドロー・ウィルソン政権に、アメリカ合衆国が第一次世界大戦での中立からイギリス側として参戦しドイツと戦うように様に方針転換を働きかけていた。 アメリカ合衆国が参戦後、彼は本国へと呼び戻された。1918年の1月、出発の少し前に、彼は詩を推敲し「ウルブス・デイ(Urbs Dei )」と命名したが、ここには第一稿から大きく離れ、イギリスの兵士の多大な損失と苦しみを直截に描いたものになった。

彼の孫娘によれば、第三稿は当初は発表の予定はなかった。第二稿、第三稿と考えられる詩は第一稿と第三稿を修正したものである[2]

第一稿の歌詞はめったに歌われないが、第二稿はイギリスととくに第一次世界大戦の戦没者に触れられる。最終稿の "And there's another country"とは天国への言及である。最後の行は『欽定訳聖書』の「箴言」の3:17 "Her ways are ways of pleasantness, and all her paths are peace."による。

メロディ[編集]

セシル・スプリング=ライスが作った詩に、1918年(1921年説も)グスターヴ・ホルストが、自作の組曲『惑星』(1916年作曲)の一曲「木星」の中間部の旋律を付けた。ホルスト本人によって歌詞に合うように編曲され「管弦楽付きコラール」として1926年にコーエン出版から発表された。本作は「管弦楽付きコラール」の一つに分類されている(1918年作曲とあるだけで、作品番号はなくH番号148がふられている)[3]1926年の第一次世界大戦休戦協定記念式典で演奏されて以降、イギリスでは11月11日のリメンブランス・デーで戦没者追悼の歌として歌われるようになった。1926年に賛美歌集『Songs Of Praise』に収録されたときにはホルストの友人のレイフ・ヴォーン・ウィリアムズによって『サクステッド』と題された。 ホルストがメロディを付けた背景に関しては、ホルストの娘イモージェンが以下のように証言している。「歌詞に曲をつけるよう求められたとき、父は働きづめで大変疲れていて、『木星』の音に歌詞を合わせることに安らぎを感じていた」[4]と。

本作はダイアナ妃がこの聖歌を好んだとされ、チャールズ王太子との結婚式で演奏されたほか、1997年のダイアナ妃の葬儀の際には長男ウィリアム王子の要望で演奏された。またマーガレット・サッチャー元イギリス首相の葬儀でも歌唱された。

歌詞[編集]

I vow to thee, my country, all earthly things above,
Entire and whole and perfect, the service of my love;
The love that asks no question, the love that stands the test,
That lays upon the altar the dearest and the best;
The love that never falters, the love that pays the price,
The love that makes undaunted the final sacrifice.

我は汝に誓う、我が祖国よ、地上のあらゆるものよ、
あまねく、すべてのものにして完全なるもの、我が愛への奉仕。
何も問わない愛、試練に耐える愛、
すなわち最愛にして最良のものをも祭壇に差し出す愛、
怖気づかない愛、贖う愛、
すなわち、究極の犠牲をも不屈のものにする愛。

I heard my country calling, away across the sea,
Across the waste of waters she calls and calls to me.
Her sword is girded at her side, her helmet on her head,
And round her feet are lying the dying and the dead.
I hear the noise of battle, the thunder of her guns,
I haste to thee my mother, a son among thy sons.

我は、祖国が呼んでいるのを聞き、それは海の向こうから、
海の越えてはるばる、祖国は我を呼びに呼んだ。
祖国の剣は傍らに佩用し、祖国の兜はその頭にあり、
祖国の足もとの周りには、横たわるものら、瀕死の者ら、死者らがいる。
我には戦いの音が聞こえる、銃の雷鳴が、
我は我が母なる祖国たる汝のもとに駆けつけよう、汝の息子のなかの一人として。

And there's another country, I've heard of long ago,
Most dear to them that love her, most great to them that know;
We may not count her armies, we may not see her King;
Her fortress is a faithful heart, her pride is suffering;
And soul by soul and silently her shining bounds increase,
And her ways are ways of gentleness, and all her paths are peace.

もう一つの国がある。はるか昔に聞いたことのある。
その国を愛する者には最愛のもの、その国を知るものには最も偉大なるもの、
その国の軍は数え切れず。その国の王は見えない。
その砦は人々の敬虔な心して、その誇りは受難なり。
人々の魂ごとにその静かなる輝きは増していき、
その国は優美さを保ちつ、平和への道のりをたどる。

関連項目[編集]

  1. ^ Cecil Spring Rice: A Diplomat's Life - David Henry Burton - Google Books. Books.google.co.uk. http://books.google.co.uk/books?id=kCGKtLkHnxAC&pg=PA9&lpg=PA9&dq=cecil+spring+rice+biography&source=bl&ots=krO9BS-sM9&sig=GOvQyBCJVOQQLX3besxPzGweHx4&hl=en&sa=X&ei=CrfNT5y4HPK20QXmjrnuAQ&ved=0CFoQ6AEwAw#v=onepage&q=cecil%20spring%20rice%20biography&f=false 2012年9月11日閲覧。. 
  2. ^ Cecil Spring-Rice: Singing the Unsung Hero” (04/06/2013). 2013年11月22日閲覧。
  3. ^ ホルスト公式ウェブサイト(英語)
  4. ^ Holst, Imogen, A Thematic Catalogue of Gustav Holst's Music. Faber 1974, page 145