ルドヴィーコ・ゴンザーガ=ネヴェルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルドヴィーコ・ゴンザーガ=ネヴェルス
Ludovico Gonzaga-Nevers
ヌヴェール公・ルテル公
Louis IV de Gonzague-Nevers.jpg
出生 (1539-09-18) 1539年9月18日
Mantua Flag 1575-1707 (new).svg マントヴァ公国、マントヴァ
死去 (1595-10-23) 1595年10月23日(56歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ネスルピカルディー
配偶者 ヌヴェール女公アンリエット
子女 カトリーヌ
アンリエット
フレデリック
フランソワ
シャルル(カルロ)
父親 マントヴァ公フェデリーコ2世
母親 マルゲリータ・パレオーロガ
テンプレートを表示

ルドヴィーコ・ゴンザーガ=ネヴェルスLudovico Gonzaga-Nevers, 1539年9月18日 - 1595年10月23日)は、イタリアマントヴァ公爵家たるゴンザーガ家の公子で、フランスヌヴェール公爵およびルテル公爵(在位:1565年 - 1595年)。ヌヴェール公爵としてはルイ4世・ド・ゴンザーグLouis IV de Gonzague, duc de Nevers)と呼ばれる。

生涯[編集]

マントヴァ公およびモンフェッラート侯フェデリーコ2世とその妻でモンフェッラート侯グリエルモ9世の娘であるマルゲリータ・パレオーロガ東ローマ帝国の最後の王朝であるパレオロゴス家の末裔)の間の3男として、マントヴァで生まれた。1549年、母方の祖母でヴァロワ=アランソン家の女子相続人であったアンヌ・ダランソンの遺産の相続人として、わずか10歳でパリ宮廷の一員となった。

1565年3月4日、ヌヴェール公及びルテル伯フランソワ1世の長女で相続人であるアンリエットと結婚した。ギーズ公アンリ1世の妻カトリーヌ・ド・クレーヴはアンリエットの妹だったためアンリ1世とは義兄弟であった。ルドヴィーコは1572年サン・バルテルミの虐殺を指導した宮廷人の1人と考えられている。1595年、ピカルディー地方のネスルで死去した。

子女[編集]

妻アンリエットとの間に5人の子女をもうけた。

  • カトリーヌ(1568年 - 1629年) - 1588年、ロングヴィル公アンリ1世と結婚
  • アンリエット(1571年 - 1601年) - 1591年、マイエンヌ公アンリと結婚
  • フレデリック(1573年 - 1574年)
  • フランソワ(1576年 - 1580年)
  • シャルル(カルロ)(1580年 - 1637年) - ヌヴェール公、マントヴァ公、モンフェッラート公

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
アンリエット・ド・ヌヴェール
ヌヴェール公
ルテル公
1565年 - 1595年
次代:
カルロ1世・ゴンザーガ=ネヴェルス