ルドラークシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルドラークシャ(またはルドラクシャ、Rudraksha)とは、主にインドを中心に丁重に扱われる菩提樹の実(金剛菩提樹)のことである。ネパール産とジャワ産があり、少ないながらもインドでも採れる。なお、仏陀悟りを開いたという菩提樹の木とは全く別の種類である。

元々ヒンドゥー教シヴァ派の必須アイテムだが、最近では宗派・国を超えて、たくさんの人々がこれを買い求めているという。ネパール産・ジャワ産共に最も多く採取されるのは5つの筋が入った「5面ルドラークシャ」だが、レアな筋数になると高価になり、取引されている。この筋数によって、効果に違いがあるという。

現に、シヴァ神肖像画には、彼がルドラークシャの数珠を何本も身に着けている姿で描かれている。