ルドラークシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルドラークシャ
Elaeocarpus ganitrus 09.jpg
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 core eudicots
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ上群 superrosids
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : rosid I / Fabidae
: カタバミ目 Oxalidales
: ホルトノキ科 Elaeocarpaceae
: ホルトノキ属 Elaeocarpus
: ルドラークシャ E. angustifolius
学名
Elaeocarpus angustifolius Blume
シノニム
和名
インドジュズノキ、コンゴウシノキ、ジュズボダイジュ
英名
Utrasum bead tree、Indian oil-fruit、sacred of Shiva、The rudrak[1]
果実

ルドラークシャ(またはルドラクシャ、Rudraksha; ヒンディー語: रुद्राक्षラテン文字転写: rudrākṣa)とは、主にインドを中心に丁重に扱われる菩提樹の実およびその実が得られる木のことである。ホルトノキ科ホルトノキ属英語版学名Elaeocarpus ganitrus といい[2]インドジュズノキという和名を持つ[1]ネパール産とジャワ産があり、少ないながらもインドでも採れる。金剛子木(コンゴウシノキ)や数珠菩提樹(ジュズボダイジュ)とも称される[1]が、仏陀悟りを開いたという菩提樹の木(インドボダイジュ)はクワ科であり、全く別の種類である。

元々ヒンドゥー教シヴァ派の必須アイテムだが、最近では宗派・国を超えて、たくさんの人々がこれを買い求めているという。ネパール産・ジャワ産共に最も多く採取されるのは5つの筋が入った「5面ルドラークシャ」だが、レアな筋数になると高価になり、取引されている。この筋数によって、効果に違いがあるという。

現に、シヴァ神肖像画には、彼がルドラークシャの数珠を何本も身に着けている姿で描かれている。

分類[編集]

コーナー & 渡辺 (1969) では Elaeocarpus sphaericus (Gaertn.) K.Schum. が「インドジュズノキ」として紹介されている[3]が、熱帯植物研究会 (1996) では同属の Elaeocarpus ganitrus Roxb. のシノニム扱いとされており、The Plant List (2013) では両者ともキュー植物園の World Checklist のデータに基づきセイロンオリーブElaeocarpus serratus)のシノニム扱いとされた[4]。しかしそのキュー植物園は後に E. sphaericus(命名者は Ettingush. に修正)と E. ganitrus をセイロンオリーブとはまた別種の同属 Elaeocarpus angustifolius Blume のシノニムという扱いに変更している[5]。一方、別のデータベース Hassler (2019) は E. angustifolius のシノニム一覧に E. sphaericus (Gaertn.) K.Schum.E. ganitrus F. Müll. を含める一方、E. ganitrus Roxb. を独立種としている[6]

なお 熱帯植物研究会 (1996:288) にはロドラクシ(インド名: rudrakshi、pilahi、kadambola)の名で Elaeocarpus tuberculatus Roxb. という種も紹介されているが、これは The Plant List (2013)、Plants of the World Online、Hassler (2019) の3者いずれにおいても独立した種として扱われている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『熱帯植物要覧』熱帯植物研究会、養賢堂、1996年、第4版、287頁。ISBN 4-924395-03-X
  2. ^ Priyavrat Sharma (1983). Priyanighaṇṭuḥ. वाराणसी: चौखम्बा सुरभारती प्रकाशन (Caukhambā Surabhāratī Prakāśana). p. 35. https://books.google.co.jp/books?id=YZclAAAAMAAJ&q=रुद्राक्ष+Elaeocarpus&dq=रुद्राक्ष+Elaeocarpus&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwj0gPeJwY3mAhWTQN4KHVUXCcQQ6AEIMTAB 
  3. ^ コーナー, E. J . H.渡辺, 清彦『図説熱帯植物集成』廣川書店、1969年、376頁。
  4. ^ The Plant List (2013). Version 1.1. Published on the Internet; http://www.theplantlist.org/ (accessed 13th December 2019).
  5. ^ Plants of the World Online. (Kew Science). 2019年12月13日閲覧。
  6. ^ Hassler, M. (2019). World Plants: Synonymic Checklists of the Vascular Plants of the World (version Nov 2018). In: Species 2000 & ITIS Catalogue of Life, 2019 Annual Checklist (Roskov Y., Ower G., Orrell T., Nicolson D., Bailly N., Kirk P.M., Bourgoin T., DeWalt R.E., Decock W., Nieukerken E. van, Zarucchi J., Penev L., eds.). Digital resource at http://www.catalogueoflife.org/annual-checklist/2019 Species 2000: Naturalis, Leiden, the Netherlands. ISSN 2405-884X.