ルイージ・ルッツィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ルイージ・ルッツィLuigi Luzzi1828年3月27日 - 1876年2月26日)は、イタリアオレーヴァノ・ディ・ロメッリーナ出身の作曲家

生涯[編集]

パヴィーア近郊のオレーヴァノ・ディ・ロメッリーナで生まれる。トリノ大学で、文学と医学を学んだ後、音楽を学ぶ。作曲家として活動する傍ら、音楽教師としても勤めていた。

彼の作品は、オペラが2曲、管弦楽器(不世出の宰相カミッロ・カヴールの死に際して書いた葬送行進曲)、数多くの歌曲やロマンスを書いたが、中でも最もよく知られているのが『アヴェ・マリア』である。というより、この曲以外は殆んど知られていないのである。

1876年にオレーヴァノ・ディ・ロメッリーナからほど遠くないストラデッラで没する。

参考文献[編集]