リードシクティス・プロブレマティカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リードシクティス・プロブレマティカス
リードシクティスの生体想像図
リードシクティス・プロブレマティカスの想像図
地質時代
ジュラ紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: パキコルムス目 Pachycormiformes
: パキコルムス科 Pachycormidae
: リードシクティス Leedsichthys
: リードシクティス・プロブレマティカス
L. problematicus
学名
Leedsichthys problematicus

リードシクティス・プロブレマティカス (Leedsichthys problematicus) は、中生代ジュラ紀後期(約1億5500万年前)に存在した魚の一種で、「史上最大の魚類」という説もある。

属名 Leedsichthys はラテン語で「リーズの魚」を意味し、第一発見者の化石収集家アルフレッド・リーズ英語版に、種小名 problematicus はラテン語で「問題のあるもの」の意味で、あまりに大きい化石でどのような生物であったのか想像しがたい(想像することに問題〈支障〉がある)、と形容されたことに由来する。

概要[編集]

ヒトとの大きさ比較

1889年イギリスピーターバラで初めて発見された。見つかった個所は尾びれ、鰓櫛、頭蓋の一部、若干の肋骨など断片的なもので、正確な全長は分からない。後の1984年、同所で同じパキコルムス科に属す硬骨魚アステノコルムスが、また翌1985年には3メートルに及ぶ尾びれの部分が発見された。

このアステノコルムスは尾びれの七倍の体長を持っており、リードシクティスの尾びれと体長がそれと同じ比率であるならば、尾びれから推定される体長はおよそ21メートルとなる。また頭骨の幅からの推定では約28メートルと、シロナガスクジラに匹敵する大きさに見積もられている。この他、舌顎軟骨から推測される最小の推定値でも14メートルで、史上最大の硬骨魚とされている[1]。2013年までに、5つの個体の化石を調査した結果、その中で最大のものでも16.7メートル前後と推定され、幾分か小さくなった[2]

フィルターの働きをする4万本以上の細かい歯を持ち、現生のジンベイザメヒゲクジラなどと同様、プランクトン濾過摂食する温和な性質の魚だったと考えられている[3]

化石からメトリオリンクスの歯が発見されており、またリオプレウロドンなど更に大型の捕食者にも襲われた可能性もある。巨体ではあったが捕食者への対抗手段を持たなかった[3]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 金子隆一 1996, pp. 128-129.
  2. ^ Brian Switek (2013年8月29日). “史上最大の魚、体長は過大評価だった”. ナショナルジオグラフィック ニュース. ナショナルジオグラフィック協会. 2017年6月21日閲覧。
  3. ^ a b ヘインズ & チェンバーズ 2006, p. 78.

参考文献[編集]

関連項目[編集]