リオプレウロドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リオプレウロドン
Leedsi&Liopl DB.jpg
リオプレウロドン(手前)。奥はリードシクティス
地質時代
中期ジュラ紀カロビアン期 - 後期ジュラ紀キンメリッジアン
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
上目 : 鰭竜類 Sauropterygia
: 首長竜目 Plesiosauria
亜目 : プリオサウルス亜目 Pliosauroidea
: プリオサウルス科 Pliosauridae
: リオプレウロドン属 Liopleurodon
学名
Liopleurodon
Sauvage1873
  • L. ferox(模式種)
  • L. pachydeirus
  • L. rossicus
  • L. macromerus

リオプレウロドン学名Liopleurodon、「平らな面を持つ歯」の意)は、首長竜目プリオサウルス科英語版に属する爬虫類。主に後期ジュラ紀の海に生息しており、化石イギリスフランスドイツロシアから産出する。全長12メートルに達する最大級の首長竜であり、首自体は短いものの巨大な頭部を有する[1]

発見と種[編集]

L. ferox の復元頭骨

リオプレウロドンという属名は1873年に Henri Émile Sauvage により命名された。Sauvage は本属に分類した3種をそれぞれ1本の歯に基づいて命名した。その歯の1本は歯冠[2]:133が7.5センチメートルで、ブローニュ=シュル=メール近郊に分布するカロビアン階から産出したものであり[2]:32、この歯に基づいて Liopleurodon ferox が命名された。フランスのCharlyから産出した長さ7センチメートル、歯冠5.5センチメートルの歯は、Liopleurodon grossouvrei と命名された。3本目の歯はフランスのカーン近郊で発見され、当初は Eudes Deslongchamps により Poikilopleuron bucklandi に分類されていた。この歯はメガロサウルス類のものであった可能性もあったが、Sauvageはその根拠がないと考え、Liopleurodon bucklandi に分類した。この記載において、Sauvageは本属を特定の爬虫類のグループに分類しなかった[3]

リオプレウロドンの化石は主にイングランドとフランスで発見されている。ドイツでは、リオプレウロドンに関連するイングランドやフランスの化石と同時代(カロビアン - キンメリッジアン)の化石標本が知られている[4][5]

リオプレウロドン属には2種が分類されている。イングランドとフランスのカロビアン - キンメリッジアン階からは L. ferox が良く知られており、イングランドの同時期の層からはより希少な L. pachydeirus も算出する。後者はSeeley (1869)でプリオサウルスの種として記載された[6]L. ferox は程度の差はあれど完全な標本から知られている。Liopleurodon grossouvrei は大半の研究者から Pliosaurus andrewsi のジュニアシノニムとされているが、P. andrewsi やリオプレウロドンのタイプ種と十分に異なる別種である可能性もある[7]

特徴[編集]

大きさ[編集]

大きさ比較

Liopleurodon ferox は1999年にBBCのテレビシリーズ『ウォーキングwithダイナソー〜驚異の恐竜王国』に登場して一般の注意を引いたが、その際には全長25メートルの捕食動物として描写された。これは断片化石に基づいた推定で、リオプレウロドンとしては誇張されていると考えられている[8]

頭骨よりも後方の骨格の解剖学的特徴に不明点が多いため、プリオサウルス類の大きさの推定は困難である。古生物学者 L. B. Tarlo は、頭骨長に基づくプリオサウルス類の前兆の推定を提案し、一般に頭骨長が全長の約1/7であると主張した。この比率を L. ferox に適用すると、既知の範囲内での最大の標本は全長10メートル強、典型的な標本は全長5 - 7メートルとなる[8]。体重は、全長4.8メートルの個体で1トン、7メートルの個体で1.7トンと見積られている[9]

しかし、クロノサウルスの追加の標本[8]L. ferox の標本 GPIT 1754/2 からは、実際には頭骨長が全長の約1/5であることが示されている[10]。標本 CAMSMJ.27424 は全長6.39メートル、既知の最大の標本 NHM R3536 は顆-基底(condylobasal)長が1.26メートルである[10](全体の長さは1.54メートル[11])。

分類[編集]

L. feroxリトグラフ

リオプレウロドンはヨーロッパ北アメリカ大陸ジュラ系)(および白亜系)から知られる首長竜のプリオサウルス科英語版に属する[9]。リオプレウロドンは中期ジュラ紀の基盤的分類群の一つである。後期ジュラ紀の属種との相違点には、歯槽の数や、より小型の頭骨および体サイズが挙げられる[11]

2013年の解析では、リオプレウロドンとシモレステス英語版ペロネウステス英語版プリオサウルスガラルドサウルス英語版ブラカウケニウス亜科英語版タラッソフォネア英語版に置かれた[12]。以下のクラドグラムは2011年の解析に従う[13]

プリオサウルス上科英語版
ロマレオサウルス科英語版

アニンガサウラ英語版

"Plesiosaurus" macrocephalus

アルカエオネクトルス英語版

マクロプラタ英語版

アティコドラコン英語版

エウリクレイドゥス英語版

ロマレオサウルス

メイエラサウルス英語版

マレサウルス英語版

プリオサウルス科英語版

タラッシオドラコン英語版

ハウフィオサウルス英語版

アッテンボロサウルス英語版

BMNH R2439

マルモルネクテス英語版

"Pliosaurus" andrewsi

OUMNH J.02247

ペロネクテス英語版

シモレステス英語版

リオプレウロドン

プリオサウルス

メガケファロサウルス英語版[14]

ブラカウケニウス英語版

クロノサウルス

古生物学[編集]

復元画

胴体の可動性が乏しく尾には持たないものの、4つののような鰭脚によって、かなり力強く泳いでいたと考えられている。前方の鰭脚は上下に動かし、後方のものは舵取りや水を後方へ蹴り出しての加速に使われたと推定されている[15]。4枚のフリッパーは全ての首長竜に特徴的な推進力を生み出していた。遊泳ロボットを用いた研究では、首長竜の推進フォームは特に効率的ではないものの、待ち伏せ型の捕食動物にとっては理想的な推進力を生み出していたことが実証された[16][17]

頭骨の研究では、外鼻孔で水中を漂う特定の匂いの原因を突き止められたのではないかと考えられている[18]。BBCもこの仮説を採用し、また視力も高かったとしている。遠方から臭いを探知し、発見した獲物に急激に加速しながら接近して強靭な顎で仕留める捕食動物として、リオプレウロドンを描写している[19]

出典[編集]

  1. ^ 日本古生物学会平野弘道冨田幸光真鍋真小学館の図鑑NEO 12 大むかしの生物』小学館、2004年12月20日、88頁。ISBN 4-09-217212-5 
  2. ^ a b Noè, L. F. (2001). A taxonomic and functional study of the Callovian (Middle Jurassic) Pliosauroidea (Reptilia, Sauropterygia) (Thesis). Chicago: University of Derby.
  3. ^ Sauvage, H. E. (1873). “Notes sur les reptiles fossiles”. Bulletin de la Société Géologique de France. Series 3 1: 377–380. https://www.biodiversitylibrary.org/item/240147#page/382/mode/2up. 
  4. ^ Sachs, S. (1997). "Mesozoische Reptilien aus Nordrhein-Westfalen." Pp. 22-27 in Sachs, S., Rauhut, O.W.M. and Weigert, A. (eds.), Terra Nostra. 1. Treffen der deutschsprachigen Paläoherpetologen Düsseldorf.
  5. ^ Sachs, Sven; Christian Nyhuis (2015). “Belege für riesige Pliosaurier aus dem Jura Deutschlands” (PDF). Der Steinkern 21: 74–82. https://www.academia.edu/11482633. 
  6. ^ Seeley, H.G. (1869). Index to the Fossil remains of Aves, Ornithosauria, and Reptilia, from the Secondary System of Strata arranged in the Woodwardian Museum of the University of Cambridge.
  7. ^ Foffa, D.; Young, M.T.; Brusatte, S.L. (2018). “Filling the Corallian gap: New information on Late Jurassic marine reptile faunas from England”. Acta Palaeontologica Polonica 63 (2): 287–313. doi:10.4202/app.00455.2018. hdl:20.500.11820/729f4cac-6217-4a21-b22c-8683b38c733b. https://www.app.pan.pl/archive/published/app63/app004552018.pdf. 
  8. ^ a b c Forrest, Richard (2007年11月20日). “Liopleurodon”. The Plesiosaur Site. 2011年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月7日閲覧。
  9. ^ a b McHenry, Colin Richard (2009) (PDF). Devourer of Gods: the palaeoecology of the Cretaceous pliosaur Kronosaurus queenslandicus. pp. 1–460. http://nova.newcastle.edu.au/vital/access/services/Download/uon:12164/ATTACHMENT02. 
  10. ^ a b Noe, Leslie F.; Jeff Liston; Mark Evans (2003). “The first relatively complete exoccipital-opisthotic from the braincase of the Callovian pliosaur, Liopleurodon. Geological Magazine (UK: Cambridge University Press) 140 (4): 479–486. Bibcode2003GeoM..140..479N. doi:10.1017/S0016756803007829. http://eprints.gla.ac.uk/55067/1/55067.pdf. 
  11. ^ a b Benson, RBJ; Evans M; Smith AS; Sassoon J; Moore-Faye S (2013). “A giant pliosaurid skull from the Late Jurassic of England”. PLOS ONE 8 (5): 1–34. Bibcode2013PLoSO...865989B. doi:10.1371/journal.pone.0065989. PMC 3669260. PMID 23741520. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3669260/. 
  12. ^ Benson, RBJ; Druckenmiller PS (2013). “Faunal turnover of marine tetrapods during the Jurassic–Cretaceous transition”. Biological Reviews 89 (1): 1–23. doi:10.1111/brv.12038. PMID 23581455. 
  13. ^ Hilary F. Ketchum; Roger B. J. Benson (2011). “A new pliosaurid (Sauropterygia, Plesiosauria) from the Oxford Clay Formation (Middle Jurassic, Callovian) of England: evidence for a gracile, longirostrine grade of Early-Middle Jurassic pliosaurids”. Special Papers in Palaeontology 86: 109–129. 
  14. ^ Schumacher, B. A.; Carpenter, K.; Everhart, M. J. (2013). “A new Cretaceous Pliosaurid (Reptilia, Plesiosauria) from the Carlile Shale (middle Turonian) of Russell County, Kansas”. Journal of Vertebrate Paleontology 33 (3): 613–628. doi:10.1080/02724634.2013.722576. 
  15. ^ ヘーゼル・リチャードソン、デイビッド・ノーマン(監修) 『恐竜博物図鑑』出田興生(訳)、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年。ISBN 4-7875-8534-7 
  16. ^ Long Jr, J. H.; Schumacher, J.; Livingston, N.; Kemp, M. (2006). “Four flippers or two? Tetrapodal swimming with an aquatic robot”. Bioinspiration & Biomimetics 1 (1): 20–29. Bibcode2006BiBi....1...20L. doi:10.1088/1748-3182/1/1/003. PMID 17671301. https://semanticscholar.org/paper/46b65f675626654c31ef425097df588e57c7fc44. 
  17. ^ Swimming Robot Tests Theories About Locomotion In Existing And Extinct Animals”. ScienceDaily (2006年5月30日). 2009年6月7日閲覧。
  18. ^ Carpenter, K. (1997). "Comparative cranial anatomy of two North American Cretaceous plesiosaurs." Pp. 191–216 in Callaway, J.M. and Nicholls, E.L. (eds.), Ancient Marine Reptiles. Academic Press.
  19. ^ ティム・ヘインズ、ポール・チェンバーズ 『よみがえる恐竜・古生物』群馬県立自然史博物館(監修)、椿正晴(訳)、SBクリエイティブ、2006年。ISBN 4-7973-3547-5 

関連項目[編集]

  • リードシクティス - 同時代の魚類で、史上最大の魚とされる。リオプレウロドンはかれらも襲ったと言われている。
  • メトリオリンクス - 同時代の海生ワニ類。捕食者であるが、リオプレウロドンの狩りの対象であった可能性もあるとされる。