リヴサルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Rivesaltes
Blason ville fr Rivesaltes 66.svg
Rivesaltes-centre.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オクシタニー地域圏
(département) ピレネー=オリアンタル県Blason 66.svg
(arrondissement) ペルピニャン郡
小郡 (canton) リヴサルト小郡
INSEEコード 66164
郵便番号 66600
市長任期 アンドレ・バスクー
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération Perpignan Méditerranée
人口動態
人口 8,625人
2007年
人口密度 300人/km2
住民の呼称 Rivesaltais, Rivesaltaises
地理
座標 北緯42度46分11秒 東経2度52分29秒 / 北緯42.769722度 東経2.874722度 / 42.769722; 2.874722座標: 北緯42度46分11秒 東経2度52分29秒 / 北緯42.769722度 東経2.874722度 / 42.769722; 2.874722
標高 平均:m
最低:11m
最高:70m
面積 28.76km2
Rivesaltesの位置(フランス内)
Rivesaltes
Rivesaltes
テンプレートを表示

リヴサルトフランス語: Rivesaltesカタルーニャ語: Ribesalte)は、フランスオクシタニー地域圏ピレネー=ゾリアンタル県コミューン。リヴサルトの名は2種類の甘口ワイン(フランス語記事)、リヴサルトAOC(英語記事)とミュスカ・ド・リヴサルトAOC(英語記事)に付けられている。

ペルピニャンの北部に位置する。

歴史[編集]

リヴサルトの名は、『高い岸辺』を意味するラテン語Ripis Altisに由来する[1]。1103年にはRibesaltaと記されていた。

コミューンの起源ははっきりしないが、729年のアラブ人侵攻時にはすでに存在したと信じられている。923年、コミューンの名が聖マリー教会と聖アントワーヌ教会に記された。リヴサルトの土地はフランス革命までラグラス修道院が所有していた。

1938年に開設されたリヴサルト収容所には、外国籍を持つユダヤ人たちが集められ、その一部はドランシー収容所へ送られた。1944年にナチス・ドイツがフランス南部から撤退すると、ドイツ人を含む戦争捕虜たちが収容された。1957年にアルジェリア独立戦争が起きてからは、独立支持者を収容する刑務所となった。

交通[編集]

  • 鉄道 - TERラングドック=ルシヨン、リヴサルト駅

脚注[編集]

  1. ^ Albert Dauzat et Charles Rostaing, Dictionnaire étymologique des noms de lieux en France, Éd. Larousse, 1968, p. 1895.

出身者[編集]

姉妹都市[編集]