リユースプロデュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リユースプロデュース株式会社
reuse produce Corporation Limited
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 229-0004
神奈川県相模原市古淵二丁目14番20号
設立 2000年4月
業種 小売業
事業内容 子供服・婦人服・スポーツ用品などのリユース販売
加盟店経営指導
新規リユース事業の開発
代表者 代表取締役社長 安田典之
資本金 9,000万円(2009年3月)
売上高 57億8,000万円(2007年3月期)
決算期 毎年3月末日
主要株主 ブックオフコーポレーション(株) 100%
関係する人物 坂本孝(創業者)
半澤伸彦(取締役)
橋本真由美(取締役)
外部リンク http://www.reuse-produce.co.jp/
特記事項:2010年4月1日、吸収合併により解散
テンプレートを表示

リユースプロデュース株式会社は、直営店またはフランチャイズ方式でリユースショップであるビースタイルビーキッズなどを全国展開していた、かつて存在した企業である。古本チェーンブックオフコーポレーションの子会社であった。

ブックオフのノウハウを活かし、コンビニエンスストア並みに明るい店内で、特別な知識がないパートタイマーアルバイトでも査定可能な簡単な方法で店頭にて買い取り、中古品として販売していた。

沿革[編集]

  • 1999年4月 - ビーキッズの前身である株式会社キッズグッズ(2000年6月に株式会社ビーキッズに商号変更)直営1号店を神奈川県相模原市にある現ブックオフコーポレーションの本社1階にオープン。早稲田大学との共同出資で、大学発ベンチャーとして注目を浴びる。当時学生であった小林成樹が代表取締役に就任[1]
  • 2000年1月 - ビースポーツ直営1号店として16号相模原由野台店をオープン。
  • 2000年4月 - 株式会社ビースタイル(後のリユースプロデュース株式会社)を設立。ビースタイル直営1号店を大井町「阪急デイリーショッパーズ」内にオープン。
  • 2001年9月 - ビーライフ直営1号店を「ビーグループ多摩永山店」(現・ブックオフ中古劇場多摩永山館)内にオープン。
  • 2002年5月 - リサイクルプロデュース株式会社に社名変更。
  • 2002年10月 - ブックオフコーポレーションよりビーキッズ・ビースポーツなどの計23店舗につき営業譲渡を受ける。
  • 2004年4月 - ブックオフコーポレーションよりビーセレクト4店舗につき営業譲渡を受ける。
  • 2005年7月 - リユースプロデュース株式会社に社名変更。
  • 2006年11月 - ペットグッズオフ直営1号店をブックオフ中古劇場国道1号多摩川大橋館内にオープン。
  • 2007年4月 - ビーホビー直営1号店をブックオフ中古劇場多摩永山館内にオープン。ビンゴ直営1号店として自由が丘店をオープン。
  • 2010年4月1日 - 株式会社ブックオフコーポレーションに吸収合併され、解散。

展開店舗[編集]

ビースタイル[編集]

当社の婦人服部門。全国に31店舗があり、婦人服や靴、バッグなどの婦人小物をリユース販売している。

ビーキッズ[編集]

当社のキッズ・ベビー用品部門。全国に27店舗があり、子供服、靴、ベビーカーや育児書などをリユース販売している。

ビースポーツ[編集]

当社のスポーツ用品部門。全国に25店舗があり、スポーツ用品だけでなく、カジュアル古着も売ることが出来る。

ビーセレクト[編集]

当社のアクセサリー部門。全国に14店舗があり、貴金属、宝石、アクセサリー、腕時計などが対象となっている。

ビーライフ[編集]

当社の雑貨・ギフト部門。全国に7店舗があり、家庭用品、小物、ギフト用品や楽器も売ることができる。

ビーホビー[編集]

当社のホビー用品部門。全国に5店舗があり、フィギュアやプラモデル、鉄道模型などが対象となる。

ビンゴ[編集]

当社の輸入メンズ古着・雑貨部門。全国に5店舗。

ビーズベイシック[編集]

当社のファッション雑貨・インテリア部門。全国に3店舗。

(以上、2008年8月末現在)

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 小林成樹「挑戦 何が起業の成否を分けるのか」(2000年)- キッズグッズ(ビーキッズの前身)産みの親である小林成樹の成功と苦悩を描く ISBN 4-478-37297-7

注釈[編集]

[ヘルプ]