リヘザ・ロタリンスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リヘザ・ロタリンスカ
Rycheza Lotaryńska
ポーランド王妃
Rycheza-Matejko.jpg
ヤン・マテイコによる肖像画
出生 995/1000年
死去 1063年3月21日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ザールフェルト
埋葬  
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ケルン大聖堂
配偶者 ポーランドミェシュコ2世ランベルト
子女 カジミェシュ1世
娘(ベーラ1世妃)
ゲルトルダ
父親 ロタリンギア宮中伯エッツォ
母親 マティルデ・フォン・リウドルフィング
テンプレートを表示

リヘザ・ロタリンスカポーランド語Rycheza Lotaryńska, 995/1000年 - 1063年3月21日)は、ポーランド王ミェシュコ2世ランベルトの妃。カトリック教会聖人。祝日は3月21日。

生涯[編集]

エッツォ家ロタリンギア宮中伯エッツォとマティルデ・フォン・リウドルフィング(神聖ローマ皇帝オットー2世の皇女)の子。1013年にミェシュコ2世と結婚。3子を生んだ。

1047年に尼僧となり、ザールフェルトで没した。