リヒトラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社リヒトラブ
Lihit Lab., Inc.
種類 株式会社
市場情報
大証2部(廃止) 7975
1962年9月 - 2013年7月16日
東証2部 7975
2013年7月16日上場
本社所在地 日本の旗 日本
540-8526
大阪府大阪市中央区農人橋1-1-22
設立 1948年5月25日
業種 その他製品
法人番号 1120001077594
事業内容 事務用品
代表者 代表取締役社長 田中経久
資本金 18億3000万円
発行済株式総数 16,983,832株
売上高 連結91億86百万円(2015年2月期)
経常利益 連結2億円(2015年2月期)
純利益 連結91百万円(2015年2月期)
純資産 連結85億97百万円(2015年2月)
総資産 連結131億49百万円(2015年2月)
従業員数 連結660名(2015年2月期)
決算期 2月末
主要株主 自社取引先持株会、田中経久、三井住友銀行
主要子会社 大江ビルサービス株式会社、LIHIT LAB.VIETNAM.INC.
外部リンク www.lihit-lab.com
テンプレートを表示

株式会社リヒトラブ (Lihit Lab., Inc.) は、大阪市中央区農人橋に本社を置く事務用品メーカー。東京証券取引所名古屋証券取引所第2部上場。

主に企業・事務所向けの事務用品を扱うメーカーで、ファイル、バインダー、パンチなどのほか、医療用のカルテや各種ケース、サインプレートなども製作する。

リヒト (LIHIT) とは、ドイツ語で光 (light) のこと。正しいドイツ語での表記は、Lichtである。ラブとはlaboratory(研究所)の略称で、宇宙開発に貢献したスカイラブスペースラブのニュアンスにあやかり、未来に光を射す最先端の研究基地でありたいという思いが込められている。また、創業者の田中経人たなかのりひとにも掛けている。

沿革[編集]

  • 1938年 創業者の田中経人が「田中経人商会」を設立。
  • 1940年 スプリングファイルを製作。
  • 1948年 リヒト産業株式会社を設立。
  • 1962年 大阪証券取引所市場第2部上場。
  • 1962年 他社に先駆け、カラーファイルを発売。
  • 1966年 電動式のパンチを発売。
  • 1972年 名古屋証券取引所市場第2部上場。
  • 1978年 病院向けのカタログを配布。医療事務用品に本格参入。
  • 1986年 P.P.パンチレスファイルを発売。ヒット商品に。
  • 1991年 株式会社LIHIT LAB.(株式会社リヒトラブ)に社名を変更。
  • 1993年 医療事務用品を「LIHIT MED.」ブランドとする。
  • 1996年 「LIHIT SIG.」ブランドを発表。サインプレート事業の拡大。
  • 2005年 ベトナム現地法人(LIHIT LAB.VIETNAM INC.)工場 竣工
  • 2013年 東京証券取引所市場第2部に上場

事業所[編集]

  • 本社 - 大阪府大阪市中央区
  • 支店 - 東京都中央区
  • 静岡事業部・工場、物流センター - 静岡県菊川市
  • 営業所 - 札幌、名古屋、大阪、広島、福岡、

主な商品[編集]

各種ファイル、クリヤーブック、収納ケース、ノート、バインダー、写真や葉書、名刺などの各種整理用品、図面整理用品、パンチ、ドリル、メディカル用品など

外部リンク[編集]