リチャード・フラナガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・フラナガン
Richard Flanagan
RichardFlanagan 300w.jpg
誕生 1961年????
オーストラリアの旗 オーストラリアタスマニア州
職業 小説家
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
主な受賞歴 ブッカー賞(2014)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

リチャード・フラナガンRichard Flanagan1961年 - )は、オーストラリア小説家

長編小説「グールド魚類画帖」で世界的な評価を受けている。アボリジニの現状についてのジャーナリズムの観点から発言もしている。

略歴[編集]

タスマニア州ロングフォード出身。先祖は1840年代後半のジャガイモ飢饉で罪を犯しアイルランドから流刑となった囚人の家系。16歳で高校を中退し、測量などの山岳労働に従事しながらリバーガイドを兼任。その後、タスマニア大学で文学士(第一等)、ローズ奨学生としてオックスフォード大学ウスター・カレッジへ進学し文学修士の学位を取得。スロベニア出身のメィダ夫人との間に3女。

1994年に出版した処女作『Death of a River Guide』で南オーストラリア州文芸祭文学賞、ヴィクトリアン・プレミア文学賞、シェーファー・ペン文学賞、ナショナル・フィクション賞など、オーストラリアの主要文学賞を受賞。

2014年、The Narrow Road to the Deep Northでブッカー賞受賞。

主な作品[編集]

「グールド魚類画帖」は彼にとって3作品目にあたる。実在する画家であり囚人のウィリアム・グールドが描いた、美しくもユーモラスな魚の絵が表紙に掲げられている。各章ごとにやはり同じく彼による魚類の絵が提示され、主人公に擬せられたグールドが、過酷な囚人生活の中でなぜその絵を描いたのかを通じて、この小説そのものの虚構的な構成が明らかにされていく。原書では章ごとに設定に応じた様々な色で本文が印刷されていたが(血の色を表現した赤など全6色)、日本語版では予算の都合から再現されていない。

本作の英連邦作家賞受賞(2002年度)によって、リチャード・フラナガンは一躍世界的な作家になった。

  • Death of a River Guide (1994年)
  • The Sound of One Hand Clapping (1997年)
  • 『グールド魚類画帖:十二の魚をめぐる小説』Gould's Book of Fish: A Novel in Twelve Fish (2001年)
  • 『姿なきテロリスト』The Unknown Terrorist (2006年)
    • 渡辺佐智江訳、白水社、2009年
  • Wanting (2008年)
  • 『奥の細道』The Narrow Road to the Deep North (2013年)

外部リンク[編集]