ランナウェイ (1997年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランナウェイ
Money Talks
監督 ブレット・ラトナー
脚本 ジョエル・コーエン
アレック・ソコロウ
製作 ウォルター・コブレンツ
トレイシー・クレイマー
製作総指揮 クリス・タッカー
ジェイ・スターン
エイミー・ヘンケルス
出演者 クリス・タッカー
チャーリー・シーン
音楽 ラロ・シフリン
撮影 ラッセル・カーペンター
ロバート・プライムス
編集 マーク・ヘルフリッチ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ=ヒューマックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年8月22日
日本の旗 1998年11月13日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $48,407,611[1]
テンプレートを表示

ランナウェイ』(原題: Money Talks)は、1997年アメリカで製作されたアクションコメディ映画

ストーリー[編集]

フランクリンは違法チケットを売って小銭を稼いでるケチな詐欺師。ある日、彼は落ち目のTVレポーターのジェームズから取材を受けていたが、なんとその取材の真っ最中に警察に逮捕されてしまう。渋々他の犯罪者と共に護送されるフランクリンだったが、武装した集団によって乗っていた護送車が襲撃される。それはダイヤモンド密輸組織のボスであるヴィラードが、警察の元から逃れるために裏で手引きしたものだった。偶然彼と共に手錠で繋がれていたフランクリンは、組織が隠した1500万ドル相当の高額ダイヤモンドの隠し場所を聞いてしまう。隙を見つけて組織の元から逃れた彼は、密輸組織とロサンゼルス市警察双方に追われる破目になってしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フランクリン・ハチェット クリス・タッカー 山寺宏一
ジェームズ・ラッセル チャーリー・シーン 堀内賢雄
レイモンド・ヴィラード ジェラール・イスマエル 麦人
グレース・チプリアーニ ヘザー・ロックリア 五十嵐麗
ガイ・チプリアーニ ポール・ソルヴィノ 辻親八
ポーラ・ハチェット エリゼ・ニール
ボビー・ピケット警部補 ポール・グリーソン
コニー・チプリアーニ ヴェロニカ・カートライト

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ Money Talks (1997)” (英語). Box Office Mojo. 2010年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]