ラビ郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラビ郡

Labi
ブライト地区におけるラビ郡の位置 図の濃い青色の部分がラビ郡
ブライト地区におけるラビ郡の位置
図の濃い青色の部分がラビ郡
ブルネイにおけるブライト地区の位置
ブルネイにおけるブライト地区の位置
ラビ郡の位置(ブルネイ内)
ラビ郡
ラビ郡
ブルネイにおけるラビ郡の位置
北緯4度25分18秒 東経114度27分48秒 / 北緯4.42167度 東経114.46333度 / 4.42167; 114.46333座標: 北緯4度25分18秒 東経114度27分48秒 / 北緯4.42167度 東経114.46333度 / 4.42167; 114.46333
ブルネイの旗 ブルネイ
地区 ブライト地区
行政
 • 郡長(Penghulu) カマルハン・アトマ(Haji Kamarhan bin Atma)
面積
 • 合計 361.8km2
人口
(2006)
 • 合計 2,300人
等時帯 UTC+8 (ブルネイ標準時)

ラビ郡(ラビぐん、Labi)はブルネイブライト地区にある。14の(カンポン、マレー語:kampong)からなる行政区画である。ブライト地区の中央から見て南西にあり、北はリアン郡、北東はブキト・サワト郡、東はスカン郡、南と西はマレーシアサラワク州、北西はクアラ・バライ郡セリア郡に接する。

ラビ郡はラビライム(マレー語:Limau Labi)の特産地である。都市から離れた農業地帯であるが、電気電話道路ごみ処理・公園が整備されている[1]面積は361.8km2[2]、2006年現在の人口は2,300人[3]。現在の郡長(Penghulu)は、2003年7月7日に就任したカマルハン・アトマ(Haji Kamarhan bin Atma)である[4].

[編集]

ラビ郡は更にラビ一区(Labi Satu)、ラビ二区(Labi Dua)に分けられる[2]。ラビ郡の村は以下の通り。

  • ガタス村(Kampong Gatas)
  • ケスィリン村(Kampong Kesilin)
  • ケナポル村(Kampong Kenapol)
  • スンガイ・ペタニ村(Kampong Sungai Petani)
  • タパン・ルパク村(Kampong Tapang Lupak)
  • テナジョア村(Kampong Tenajor)
  • テラジャ村(Kampong Teraja)
  • テルナン村(Kampong Terunan)
  • ブキト・プアン村(Kampong Bukit Puan)
  • マラヤン村(Kampong Malayan)
  • メダラム・ケスィル村(Kampong Mendaram Kecil)
  • メダラム・ベサル村(Kampong Mendaram Besar)
  • ラタン村(Kampong Ratan)
  • ラビ・ラマ村(Kampong Labi Lama)

教育[編集]

内陸に位置するため、ラビ郡には3校の初等学校があるのみである。進学する場合、地域の住民はセリアクアラブライトへ通学する。ラビ郡にある学校は以下の通り。

  • ラビ小学校(Labi Primary School) - 1959年開校[2]。2004年現在の児童数は78人[1]
  • ランパヨー小学校(Rampayoh Primary School)
  • チュン・フア学校ラビ校(Chung Hwa School, Labi) - 1946年開校の中国人系学校[2]。2004年現在の児童数は40人[1]

健康[編集]

ラビ郡に所在する医療機関ラビ・ヘルスクリニック(Labi Health Clinic)のみである。この機関は、1958年に開院したラビクリニックを2002年に約70万ドルをかけて新築・拡充したもので[2]、外来・救急・母子の健康献血歯科を提供している[1]

農業[編集]

ブライト平野に位置するラビ郡は、ラビライムの生産で地元ではよく知られており、地元の柑橘類商標となっている。それに加え、ブルネイ農業省はラビ郡に事務所を構え、稲作をはじめ野菜果物オレンジドリアンバナナなど[1])の生産を監視することで農民の援助と監視を行っている。

2003年の推計では、野菜607t、果物約1,700t、170tを生産した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e "Brudirect.com - Local News"2004年3月8日(英語、2011年1月28日閲覧。)
  2. ^ a b c d e "Brudirect.com - Local News Archived 2007年9月28日, at the Wayback Machine."2004年3月7日(英語、2011年1月28日閲覧。)
  3. ^ "アーカイブされたコピー”. 2007年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月23日閲覧。"
  4. ^ "アーカイブされたコピー”. 2007年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月23日閲覧。"