ラシダ・ダティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラシダ・ダティ(2007年4月23日撮影)

ラシダ・ダティダチRachida Dati1965年11月27日 - )は、フランス政治家ブルゴーニュ地方ソーヌ=エ=ロワール県サン・レミー出身。フランソワ・フィヨン内閣において司法大臣を務めた。

人物・来歴[編集]

マグレブ移民(父がモロッコ出身、母はアルジェリア出身)の二世。父はレンガ職人。ダティは、12人兄弟の2番目として生まれる。幼少時は貧しく、シャロン=シュル=ソーヌの郊外にある低家賃集合住宅で過ごした。豊かな天分を認められて、カトリック系の学校に進学する。16歳の時、看護士助手として夜働きながら学ぶ。その後もエルフ・アキテーヌ (Elf Aquitaine) 社で3年間会計担当として勤務しながら、経済学や企業統治について学ぶ。

実業家のジャン=リュック・ラガルデールフランス語版英語版の知遇を得、ラガルデール・グループの企業マトラに就職し、会計検査部門に勤務する。その後、欧州復興開発銀行に移り、ロンドン勤務を経て、金融会計検査部門に勤務した。1994年スエズ監査役、都市開発研究本部長や、フランス国民教育省の法務部門における技術顧問などを歴任した。

グラン・ゼコールの一つ、国立司法学院 (École Nationale de la magistrature) に入学し、法曹界に転身した。受任裁判官(裁判官によって任命される)や検事代理を務めた。

2002年内相であったニコラ・サルコジの顧問に就任する。ダティはサルコジの諮問により、軽犯罪防止のための法律プロジェクトに参加している。2006年国民運動連合に入党。2007年フランス大統領選挙ではサルコジ陣営のスポークスマンを務めた。2007年より第1・2次フランソワ・フィヨン内閣で司法大臣。サルコジ同様に攻撃的な弁舌と上昇志向の持ち主であり、一部のメディアからは「女サルコジ」の異名を奉られた。2008年にパリ第7区区長選に当選し就任、2009年に司法大臣を退任。

その後、オランダにあるルノーと日産自動車の企業連合統括会社の法務顧問に就任したが、その際の報酬が適切であったかどうかルノー株主より告発され、2019年6月に検察当局が捜査中であることを明かした[1]

不手際[編集]

2010年9月26日、ラジオとテレビのインタビューにおいて経済問題に触れた時、インフレーション(アンフラション/inflation)をフェラチオ(フェラション/fellation)と言い間違った[2]

家族[編集]

司法大臣時代の2009年1月2日にゾラと名付けた女児を出産したが父親は不明。前年9月に妊娠が公表された際「マスコミに話すことができるのは、わたしの私生活は込み入っているということだけ」と述べている[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
パスカル・クレマン英語版
フランス法相
2007年 - 2009年
次代:
ミシェル・アリヨ=マリー