ラクレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラクレット(スイス ヴァレー州)

ラクレット(フランス語:raclette)は、ヴァレー州を中心とするスイスおよびフランス サヴォア地方のチーズ断面を熱で溶かして削ぐ料理、あるいはこの料理に用いるチーズを指す。呼び名はフランス語の俚言(パトワ)で「削る」を意味する"racler"から。ヴァレー州以外ではスライスした長方形のチーズを溶かすことが多い[1]

料理[編集]

チーズの断面を直火で熱して溶けた部分を削ぎ、皮付きのジャガイモなどに絡めて食べる。ピクルスを付け合わせとする。ヴァレー州を中心としたスイス全土、スイス国境に近いフランスサヴォア地方などの伝統料理の1つである。チーズを火で溶かす古い記録として16世紀のものが残っている[1]。現代では火ではなく、電気ヒータによりチーズ断面を加熱する器具や、薄切りのチーズを小さなトレイに載せて加熱するラクレットグリル[2]もある。

テレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』で、暖炉にかざしてチーズを溶かして食べる食事場面に登場する[3][4][5]

チーズにはラクレットチーズ(後述)の他、グリュイエールチーズなどが使われることもある[要出典]

ラクレットチーズ[編集]

ラクレット
原料 牛乳
原産国 スイスフランス
原産地 ヴァレー州
表皮 やや硬い
低温殺菌 なし
熟成 3-6 か月
呼称統制 AOC 2003-2013
AOP since 2013
テンプレートを表示

ラクレットは、牛乳から作られるハードチーズ[4][6]の一種である。32℃に温めた生乳を、乳酸菌(RA401)、レンネット(凝乳酵素)を用いて凝固させたカードを細かく切り、ホエーを除いて30~40℃で15~20分かき混ぜる。これを4回プレスした直径約30 cmの塊を1日塩水に浸した後、塩水で表面をこする頻度を減らしながら95日間11℃、湿度92%の環境で熟成させる[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Raclette du Valais”. Association Patrimoine Culinaire Suisse(スイス料理遺産協会). 2021年6月13日閲覧。
  2. ^ ラクレット 見た目も味もトロ~り幸せ”. 産経新聞 (2019年1月20日). 2019年1月21日閲覧。
  3. ^ ハイジの愛したアルプスの世界”. スイス政府観光局. p. 38 (2017年7月). 2021年6月13日閲覧。
  4. ^ a b ラクレット”. チーズクラブ. 雪印メグミルク. 2015年12月17日閲覧。
  5. ^ 【料理と酒】ハイジでお馴染み グリル野菜とラクレットチーズ”. 産経ニュース (2015年9月30日). 2015年12月17日閲覧。
  6. ^ スイス料理遺産協会ではセミハードに分類。

外部リンク[編集]