ラオスヒノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラオスヒノキ
Fokienia hodginsii - Kunming Botanical Garden - DSC03140.JPG
Fokienia hodginsii
保全状況評価[1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類新エングラー体系
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Gymnospermae
: マツ綱 Coniferopsida
: マツ目 Coniferae
: ヒノキ科 Cupressaceae
: フッケンヒバ属 Fokienia
: フッケンヒバ F. hodginsii
学名
Fokienia hodginsii (Dunn) A.Henry & H.H.Thomas
シノニム
  • Chamaecyparis hodginsii (Dunn) Rushforth
  • Cupressus hodginsii Dunn
  • Fokienia hodginsii subsp. kawaii (Hayata) Silba
  • Fokienia hodginsii var. kawaii (Hayata) Silba
  • Fokienia kawaii Hayata
  • Fokienia maclurei Merr.
和名
ラオスヒノキ、フッケンヒバ

ラオスヒノキ学名Fokienia hodginsii)は、ヒノキ科針葉樹。別名はフッケンヒバ

分布[編集]

中国南部からインドシナ半島北回帰線以南に分布する。

歴史[編集]

20世紀初、中国の福建省で発見された。

用途[編集]

日本では大径の優良木が、寺社建築に利用される。

脚注[編集]

関連項目[編集]