ラウラ・テソーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラウラ・テソーロ
Laura Tesoro
ESC2016 - Belgium Meet & Greet 17.jpg
基本情報
生誕 (1996-08-19) 1996年8月19日(23歳)
ベルギーの旗 ベルギーアントウェルペン
出身地 ベルギーの旗 ベルギー
ジャンル
職業 歌手
活動期間 2008年 -

ラウラ・テソーロオランダ語: Laura Tesoro、1996年8月19日 - )はベルギーの歌手、女優である。ユーロビジョン・ソング・コンテスト2016ベルギー代表として出場、「What's the Pressure」を歌う。また、ベルギーフランデレン地域のテレビドラマ「Familie」でシャルロッテ役を演じた女優であり、2014年に音楽番組ザ・ヴォイスフランデレン版英語版(第3期)で2位に入賞した。

来歴[編集]

1996年8月19日にフランデレン地域アントウェルペンにてイタリア人の父とベルギー人の母の間に生まれた[1]。2008年、犯罪ドラマ番組「Witse」でEvy Cuypersの役を演じたのを皮切りに、アニーやドミノなどのミュージカルでの演技をこなす。2009年には音楽祭ケートネットポップ英語版に出演、2012年から2014年までテレビドラマ「Familie」でシャルロッテ役を演じる。2014年、音楽番組ザ・ヴォイスフランデレン版英語版の第3期に出場、2位となった。同年に発売された初のシングル「Outta Here」はフランデレン地域のシングル・チャートで23位を記録した。

2015年にはシングル「Funky Love」を発売、同年11月には翌年5月に開催されるユーロビジョン・ソング・コンテスト2016ベルギー代表候補となった[2]。第1回のショーではユーロビジョン・ソング・コンテスト2009トルコ代表曲であったハディセの「Düm Tek Tek」のカバーを歌い[3]、第2回のショーでは代表候補曲「What's the Pressure」を披露、視聴者投票で首位となった[4]。2016年1月17日の決勝では視聴者投票、審査員投票の双方で首位となり、ベルギー代表に選出された。2016年5月にスウェーデンストックホルムで開催されるユーロビジョン・ソング・コンテスト2016ではベルギー代表として「What's the Pressure」を歌う[5]

脚注[編集]

  1. ^ Tesoro, Laura (2015年2月5日). “I am Belgian but my father is Italian”. Twitter. 2016年3月9日閲覧。
  2. ^ Laufer, Gil (2015年11月16日). “Belgium: Eurosong 2016 final on 17 January”. Esctoday.com. 2016年1月3日閲覧。
  3. ^ Cardoen, Sandra (2016年1月3日). “Amaryllis is alvast de lieveling van het publiek” (Dutch). Deredactie.be. 2016年1月3日閲覧。
  4. ^ Jury euforisch: "Vlaanderen zou zot zijn, als ze Laura Tesoro niet sturen"” (Dutch). hln.be. Het Laatste Nieuws英語版 (2016年1月10日). 2016年1月10日閲覧。
  5. ^ Victor M., Escudero (2016年1月17日). “Belgium: Laura Tesoro wins Eurosong 2016!”. EBU. 2016年1月17日閲覧。

外部リンク[編集]