ライブ・フレッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ライブ・フレッシュ
Carne trémula
監督 ペドロ・アルモドバル
脚本 ペドロ・アルモドバル
レイ・ロリガスペイン語版
ホルヘ・ゲリカエチェバァリアスペイン語版
原作 ルース・レンデル
引き攣る肉英語版
製作 エステル・ガルシア
出演者 リベルト・ラバルスペイン語版
フランチェスカ・ネリ
ハビエル・バルデム
音楽 アルベルト・イグレシアス
撮影 アフォンソ・ビアトポルトガル語版
編集 ホセ・サルセドスペイン語版
製作会社 エル・デセオスペイン語版
CiBy 2000フランス語版
フランス3シネマ
配給 スペインの旗 ワーナー・ブラザース
フランスの旗 CiBy 2000
日本の旗 フランス映画社
公開 スペインの旗 1997年10月10日
フランスの旗 1997年10月29日
日本の旗 1998年8月29日
上映時間 102分
製作国 スペインの旗 スペイン
フランスの旗 フランス
言語 スペイン語
イタリア語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $1,785,901[1]
テンプレートを表示

ライブ・フレッシュ』(原題:Carne trémula, 英題:Live Flesh)は1997年スペインドラマ映画。監督・脚本はペドロ・アルモドバル、出演はリベルト・ラバルスペイン語版フランチェスカ・ネリハビエル・バルデムペネロペ・クルスなど。銃の暴発事件をきっかけに5人の男女の間で繰り広げられる愛憎劇を描いた犯罪メロドラマ[2]。原作はルース・レンデルの小説『引き攣る肉英語版』。

ストーリー[編集]

1970年1月、フランコ政権による非常事態宣言が発令される中、若い娼婦イサベルはバスの中で男の子を生む。彼女は赤ん坊にビクトルという名を付けた。

20年後、20歳になったビクトルは、思いを寄せるエレナの元を尋ねる。しかしエレナはビクトルに興味がないので帰るようにと告げる。麻薬中毒のエレナは銃を取り出してビクトルを追い返そうとする。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(VHS版)

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「『ライブ・フレッシュ』はペドロ・アルモドバルが驚くほど抑制された形で取り組んだことがわかる成熟したメロドラマで、暴力行為から生まれた予期しない影響を見渡している。」であり、42件の評論のうち高評価は81%にあたる34件で、平均点は10点満点中7.2点となっている[3]Metacriticによれば、18件の評論のうち、高評価は12件、賛否混在は6件、低評価はなく、平均点は100点満点中69点となっている[4]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Live Flesh” (英語). Box Office Mojo. IMDb. 2021年6月29日閲覧。
  2. ^ ライブ・フレッシュ”. WOWOW. 2021年6月29日閲覧。
  3. ^ Live Flesh (1997)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年6月29日閲覧。
  4. ^ Live Flesh Reviews” (英語). Metacritic. 2021年6月29日閲覧。

外部リンク[編集]