ヨーロッパ中期予報センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨーロッパ中期予報センター (ECMWF)は1975年に設立された国際組織である。所在地はイギリスレディング

目的[編集]

ECMWFの目的は次の通りである。

  • 中期気象予報のための数値解析手法を開発すること
  • 中期気象予報を作成し、加盟国に配信すること
  • これらの予報を向上させるための科学的・技術的研究を行うこと
  • 適切な気象データを収集し保管すること

業務とプロジェクト[編集]

ECMWFは1979年8月1日から現業用の中期気象予報を作成している。

ECMWFは二つの「再解析」プロジェクトを実施した。最初のECMWF再解析(ERA-15)は1978年12月から1994年2月までの再解析データを作成した。次のERA-40計画では、1957年9月から2002年8月までの再解析データを作成した。

加盟国[編集]

ECMWFの加盟国はヨーロッパ地域の次の18カ国である: アイルランドイギリスイタリアオーストリアオランダギリシアスイススウェーデンスペインデンマークドイツトルコノルウェーフィンランドフランスベルギーポルトガルルクセンブルク

ECMWFは上記以外の次の国々とも協力関係を樹立している:アイスランドエストニアクロアチアスロベニアセルビアチェコハンガリーモロッコリトアニアルーマニア

所在地[編集]

ECMWFはイギリスのレディングシンフィールドにある。2003年にイギリス気象庁ブラックネルからエクセターへ移転するのに先立って、Met Office Collegeが2002年夏にエクセターへ移転するまでは、Met Office CollegeとECMWFは同じ敷地にあった。Met Office Collegeのあった土地には今は寮の建物が建っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]